居酒屋チェーンに臨時休業相次ぐ、新型コロナウイルスの感染拡大抑制へ


居酒屋チェーンに臨時休業相次ぐ(画像は串カツ田中)

居酒屋チェーンに臨時休業相次ぐ(画像は串カツ田中)

串カツ田中は4月4日から4月12日まで直営店全116店舗を休業

串カツ田中や鳥貴族、塚田農場などの居酒屋の有力チェーンが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今週末や4月12日までの休業を発表している。

串カツ田中ホールディングスは4月2日、グループが運営する直営店全店(116店舗、契約上休業できない店舗は除く)を4月4日から4月12日まで休業することを発表。フランチャイズ(FC)店舗については、任意で休業を推奨する予定としている。

今回の決定を串カツ田中ホールディングスは、新型コロナウイルス感染が拡大しているなか、政府・自治体からの外出自粛要請もあり、現状の深刻さを受けたものと説明する。

串カツ田中ホールディングスは、「当社グループは衛生面に配慮した営業とテイクアウト中心とした施策等を打ち出しながら、営業継続を検討してまいりましたが、お客様の安全、感染拡大防止への社会的責任、全従業員の安全の確保を第一に考え、この度の決断となりました」としている。

鳥貴族は4月4日から4月12日まで直営店全394店舗を休業

鳥貴族は、グループが運営する直営店全店を4月4日から4月12日まで休業することを2日に発表した。対象店舗は直営店全店の394店舗。なお、直営店以外においても一部店舗で、臨時休業や深夜営業の自粛を行う場合があるとする。

鳥貴族は、「当社におきましては、お客様の安全を第一に考え、また店舗で働くスタッフが安心して働けるよう、感染拡大防止に取り組んでまいりました。こうした状況においても“鳥貴族”をご利用いただいているお客様をはじめ、ご協力いただいているステークホルダーの皆様にはご心配、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます」とする。

エー・ピーカンパニーは「塚田農場」「四十八漁場」などグループ店舗全店を一斉休業

エー・ピーカンパニーは4月2日から、同社が運営する「塚田農場」「四十八漁場」などのグループ店舗全店を一斉休業している。営業再開日(目途)は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県で4月21日。大阪府・兵庫県・京都府・愛知県・岐阜県・三重県で4月15日。その他の道県は4月10日としている。

エー・ピーカンパニーは今回の決定を、新型コロナウイルス感染症拡大を防止する種々の取り組みが行われている中、政府、自治体からの不要不急の外出自粛の要請、また3月30日の東京都知事からの、平日を含む夜間外出自粛の要請が出たことを重く受け止めたものと説明している。

「串八珍」など他の居酒屋チェーンでも

また、「串八珍」グループを展開する豊創フーズは、4月4日・5日の全店舗臨時休業を発表している。他の居酒屋チェーンでも、週末に向けて時間短縮や休業の動きが広がっている状況だ。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0402-1759-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp