ローソン「GU-BO(グーボ)」発売、圧倒的具材感のホットスナックパイ


「GU-BO(グーボ) メキシカンチョリソー味/ベーコンポテト味/明太チーズ味」

「GU-BO(グーボ) メキシカンチョリソー味/ベーコンポテト味/明太チーズ味」

ローソンはホットスナックパイの新シリーズ「GU-BO(グーボ)」を3月31日から全国の「ローソン」(ナチュラルローソン、ローソンストア100は除く)で発売する。「サクサクとした食感で、今までにない具材感」(柴崎誠デリカ・FF部チーフマーチャンダイザー)という新感覚のホットスナック。

税込み130円という購入しやすい価格で、朝食やおやつ、おつまみなど様々なシーンで、老若男女問わず食べてもらえることを想定し、「からあげクン」に次ぐホットスナックの定番商品への育成を目指す。ピンク、イエロー、グリーンとカラフルなパッケージを採用し、「鶏だらけで茶色かったホットケース内で目立つ」(柴崎氏)ことも目指した。

発売するのは「明太チーズ味」「ベーコンポテト味」「メキシカンチョリソー味」の3品。明太チーズにはマカロニとマッシュルームも入れ、20~40代の女性をターゲットに想定する。

ベーコンポテトは濃い目の味付けで、ゴロゴロとしたベーコンで圧倒的な具材感を出し、「小腹満たしによく、20~40代の男性向け」(柴崎氏)という。メキシカンチョリソーは「実験販売で50代以上の男性に意外と好評。からあげクンレッドとも違う辛さで、お酒のあてにいい」(同)という。今後は期間限定のフレーバーなども順次発売していく計画。

「グーボ」という名称は「具がたくさん入った棒」から名付けた。今回スナックパイという新しいカテゴリーに行きついたのは、「からあげクン(税込み216円)やLチキ(税込み180円)など定番品と差別化し、鶏でもなく、新しい気持ちで買ってもらえるものをメーカーとともに考えた」(柴崎氏)という。ホットスナックは200円前後の価格帯が多く、100円台前半の購入しやすい価格帯に、柱になる商品をラインアップしたいという意向もあった。

ローソンは1979年にコンビニで初めてフライヤーを導入して、ホットスナックを拡充してきた。1986年発売の「からあげクン」は、累計33億食以上販売しているホットスナックの定番商品。からあげクンはイエローやレッドなどカラフルなパッケージに入っており、「このパッケージに続く、定番品がもうひとつ欲しかった」(柴崎氏)という。カラフルなパッケージは自立できる形状で、ホットケース内では立てた形で陳列する。パッケージのまま食べられるため、手を汚さずに気軽に食べられる。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2020/03/2020-0330-1533-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp