「パピコ」で“1日不足分の野菜”を摂取、江崎グリコ「パピペジ」発売、野菜アイスの定着狙う


江崎グリコ「パピペジ りんご&にんじん」「パピペジ キウイ&グリーン」

江崎グリコ「パピペジ りんご&にんじん」「パピペジ キウイ&グリーン」

江崎グリコは、アイスクリーム市場で定着が難しいとされる「野菜アイス」に、主力ブランド「パピコ」の新アイテム「パピペジ」で挑戦する。3月30日から「パピペジ りんご&にんじん」「パピペジ キウイ&グリーン」の2品を全国発売し、1日不足分の野菜62g相当を摂れるという機能価値と、研究を重ねたおいしさで市場定着を目指す。

江崎グリコによると、「野菜アイスは実は今まで何度も挑戦してきた。しかし野菜風味とアイスの嗜好性との間に違和感があり、納得できる風味に仕上げるには大変な苦労があった。今回、“野菜不足の解消”と“デザートとしての満足感”を両立できる味わいにこだわり仕上げた」という。

「パピコ」で挑戦することにした理由は、片手で食べるフローズンスムージーであり、スムージーという響きからも野菜摂取を簡素化・デザート化し「手軽な野菜習慣」を提案するのに最適な形態とブランドだったこと。

厚生労働省が「健康日本21」で推奨している成人1日当たりの野菜摂取量は350g。それに対し、平成29年「国民健康・栄養調査」によると、日本人の成人1日の野菜平均摂取量は288.2gと、約62g不足している。

今回発売する「パピペジ」は単なる野菜味のアイスではなく、「パピコ」ブランドの強みであるおいしさを担保しつつ、1袋(2本)で野菜62g相当が摂れる機能価値を加え、20種類以上の野菜とフルーツを手軽に摂れる商品設計にした。

「りんご&にんじん」には23種の野菜とフルーツを、「キウイ&グリーン」は24種の野菜とフルーツを使用。習慣化しやすくするため、サイズは「パピコ」定番品の80ml×2本(税別140円)に対し、「パピベジ」は45ml×2本(オープン価格)とした。市場環境から見て、食品産業新聞では、実勢売価100円前後と想定する。

定番「パピコ」は子どもからお年寄りまでユーザー層が幅広く、野菜入りミニサイズの登場は子どもに野菜を食べさせたい親や、小容量で健康的なものを摂りたい大人を取り込む期待大。2月に開催された食品卸展示会でも、アイス各社の春の新商品が並ぶ中で、「パピペジ」は注目されており、各社が挑戦しては失敗してきた「野菜アイス」が、今度こそ市場定着できるか、関心が集まっている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2020/03/2020-0326-1514-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp