出前館が新型コロナ対応で「非接触デリバリー」推奨、要望増加を受け決定


出前館、新型コロナ対応で手渡ししない「非接触デリバリー」を推奨

日本最大級のデリバリーサービス「出前館」は3月24日、希望する利用客に対し、配達員による直接の商品手渡しではなく「キャッシュレス決済」による「非接触デリバリー」の対応を推奨すると発表した。

「出前館」では、注文時に利用客の要望を記載する「備考欄」を設けており、これまでも“1Fのエントランスホールで受け取りたい”など、希望にできるだけ沿えるようにしてきた。

今回、新型コロナウイルス感染症の影響により、「出前館」のシェアリングデリバリー拠点において、通常よりも「非接触デリバリー」の要望が増加している傾向にあることなどを踏まえ、利用客がこれまで以上に安心・安全にサービスを利用できるよう、「非接触デリバリー」の利用を推奨するという。

利用客は注文時に「キャッシュレス決済」を選択し、「備考欄」に“商品は部屋の玄関前に置いてほしい”などの希望を記載すると、配達員がインターホンで到着を伝えた後に、商品を非接触で届けることが可能となる。また、「キャッシュレス決済」は、配達員と利用客の間で現金の受け渡しが発生せず、衛生面への配慮にもつながる。

出前館の「非接触デリバリー」利用手順は以下の通り。
〈1〉ご注文時のカート内容確認画面にある備考欄に「〇〇への置き配希望」「商品は部屋の玄関前に置いてください」等と記載。
〈2〉「各種クレジットカード/Amazon Pay/Apple Pay/LINE Pay/キャリア決済」を選択し、オンライン決済。

ただし、注文時に備考欄がない店舗では利用できない。

なお、フードデリバリー業界では、マクドナルド(マックデリバリー)や、ドミノ・ピザ、ピザハットなどが、今回の新型コロナウイルス感染症予防への対応に伴い、自社サイトやアプリからの注文で“非接触”サービスを導入している。

出前館は、「引き続き、より多くのお客さまに安心・安全なサービスをご提供できるよう努めてまいります」としている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/03/2020-0324-1837-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp