居酒屋「塚⽥農場」が「トゥエンティーフォーセブン」とコラボした低糖質メニューを3月18日提供開始


おいしく楽しく続けられる“低糖質ライフの提案”

おいしく楽しく続けられる“低糖質ライフの提案”

居酒屋「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーは、パーソナルトレーニングジムの運営を行うトゥエンティーフォーセブン(以下24/7)と共同開発した低糖質コラボメニューを3月18日から全国の塚田農場で提供を始めた。

低糖質商品の「おいしくない、味が薄い、量が少ない」というイメージを覆すため、パーソナルトレーニングジム「24/7 Workout」を展開する24/7と、独自モデルの構築で地鶏を身近な食材にした塚田農場が共同で開発したもの。

おいしく楽しく続けられる“低糖質ライフの提案”をコンセプトに、糖質制限中の人でも知人・友人との外食を楽しんでもらえることを目指す。

「地鶏つくねのとろけるチーズハンバーグ」

「地鶏つくねのとろけるチーズハンバーグ」

 
鶏むね肉を使い、つなぎにはパン粉ではなく山芋を使用。チーズも低糖質なものを採用している。
 

 

 

「濃厚鶏白湯ラーメン」

「濃厚鶏白湯ラーメン」

 
一般的な中華麺の糖質が約32gのところ、13gの麺を使っている(1食60gあたり)。
 
【居酒屋「塚田農場」低糖質コラボメニュー概要】
▽期間
=2020年3月18日から期間限定で提供
▽「地鶏つくねのとろけるチーズハンバーグ」/価格=税抜980円/糖質=8.1g
▽「濃厚鶏白湯ラーメン」/価格=税抜780円/糖質=16.7g
提供店舗=全国の「宮崎県日南市 塚田農場」「宮崎県日向市 塚田農場」「鹿児島県霧島市 塚田農場」の各店
※コロナウイルスの影響により一部店舗で営業休止になる可能性あり。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/03/2020-0318-1902-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp