サントリー緑茶「伊右衛門」史上最大のリニューアル、淹れたての香り・旨みと鮮やかな緑色を実現


サントリー緑茶「伊右衛門」と「伊右衛門 焙じ茶」

サントリー緑茶「伊右衛門」と「伊右衛門 焙じ茶」

「伊右衛門」ブランドは累計販売本数100億本を突破

サントリー食品インターナショナルは、サントリー緑茶「伊右衛門」で、発売以来最大のリニューアルを行い、4月14日から全国で発売する。ラインアップは、525mlPET/140円税別、2LPET/350円税別、他5品。

香り成分や旨味が豊富と言われる一番茶を、「伊右衛門」本体史上最大の比率で使用し、そのよさを最大限に活かした焙煎技術と抽出方法で、淹れたてのような「豊かな香り・旨み」と「雑味のない穏やかな渋み」を両立したという。また、サントリー独自の技術で、緑茶本来の鮮やかな緑の水色(すいしょく)を実現した。

パッケージは、鮮やかな緑の水色を体感できるよう、ボトルを覆う面積が少ないロールラベルを採用。また、600ml(コンビニエンスストア向け)と525ml製品に関しては、ラベルをめくって緑の水色を楽しんでもらうための仕掛けとして、ラベル裏やボトル中央部に招き猫や七福神など、縁起の良い絵柄を配したという。

「伊右衛門」ブランドは、京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選した茶葉を使用した本格緑茶で、2004年の発売以来、幅広く支持を集めて2019年には累計販売本数100億本を突破した(出荷ベース)。

同社は、「近年、生活スタイルの変化により、緑茶のRTD化が進行しています。そうした中、伊右衛門は、お客様に“淹れたてのような緑茶”がお楽しみいただけるペットボトル緑茶を目指し、中味・パッケージを大幅にリニューアルします」としている。

※RTD=Ready To Drink。フタを開ければそのまま飲める缶やペットボトル入りの飲料。

また、「伊右衛門 焙じ茶」をリニューアルし、4月21日から発売する。525mlPET/140円税別。ほうじ茶飲料の市場は、健康志向の高まりなどを背景に、近年大きく伸長している。同社は、これまで同様に、四季に合わせた味わいを継続しながら、季節ごとに数量限定で販売していた「伊右衛門 焙じ茶」を、年間を通して販売するとした。

今回発売する「伊右衛門 焙じ茶」は、一番刈番茶をベースに、新たに釜炒り焙じ茶を取り入れることで、すっきりとした味わいと軽やかな香ばしさが楽しめる。パッケージは、菖蒲(あやめ)と優雅な花模様の手鞠をデザインし、春夏らしい華やかさを表現したという。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/03/2020-0317-1556-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp