深田恭子さんが「午後の紅茶」CM出演、楽曲はRADWIMPS野田洋次郎さん「猫じゃらし」


深田恭子さん出演「キリン 午後の紅茶」新CM「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。幸せの紅茶。」篇

深田恭子さん出演「キリン 午後の紅茶」新CM「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。幸せの紅茶。」篇

キリンビバレッジは3月17日から順次、女優の深田恭子さんが出演する「キリン 午後の紅茶」の新TVCM「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。幸せの紅茶。」篇を全国で放映開始する。

「キリン 午後の紅茶」ブランドは2020年3月から新たに、深田恭子さんをメインキャストに起用し、「幸せの紅茶、午後の紅茶。」をテーマとしたコミュニケーションを展開する。今回のCMはその一環。

新TV-CM「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。幸せの紅茶。」篇では、家族や友人など大切な人と過ごす日常の中の様々な「幸せ」の瞬間を描いている。幼い頃からピアノが好きという深田恭子さんが、野田洋次郎さん(RADWIMPS)が書き下ろしたCM楽曲、「猫じゃらし」を学校の音楽室にてピアノで演奏する。演奏中の深田さんの「幸せ」な瞬間を切り取った表情も必見だという。

キリンビバレッジはCMに関して、「今回深田さんには、ピアノ演奏を披露していただきました。深田さんは短時間の練習で楽曲を習得し、撮影に臨まれました。撮影の合間にも深田さんが楽しそうにピアノを演奏をされていた自然体な姿が印象的でした」としている。

また、「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズ」シリーズの新TV-CM、「ザ・マイスターズ 深田恭子 ミルクティーリニューアル&オレンジティー新登場」篇も3月17日から放映する。森の小さなコテージで、スケジュールに縛られず自由な時間の「幸せ」を楽しむ、深田恭子さんの休息のひと時を描いている。「リラックスしつつも自分の好きなことを楽しむ前に高揚している、そんな「幸せ」の瞬間を伝えています」(キリンビバレッジ)。

RADWIMPSの作詞作曲を手掛ける野田洋次郎さんが今回のCMのために書き下ろした新曲「猫じゃらし」は、“そばにある「幸せ」”をテーマにしている。

野田洋次郎さんは、「この世界で楽しく生きるコツは、もしかしたら大それたことではなく、その小さな喜びに気づく才能なのかもしれません。あともう一つ、毎日一緒に過ごす“自分”という存在も、いつの間にか僕たちは知った気になって生きていることがあります。自分さえ知らない自分が、まだまだ隠れているかもしれません。そんな想いで作りました」などとコメントしている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/03/2020-0316-1800-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp