大豆ミート関連商品が続々登場、家庭用商品の売場での浸透が定着のカギに


大手ハム・ソーセージメーカーの大豆ミート新商品

大手ハム・ソーセージメーカーの大豆ミート新商品

今年に入って大豆ミート関連の商品が続々と登場している。大手ハム・ソーメーカーは上位3社が家庭用商品を新発売し、大手食品メーカーもカレーの挽肉やサラダ用トッピングなど、具材の一部として使用した商品を投入。大手卸では、日本アクセスが自社ブランドで業務用に参入したのも注目で、伊藤忠食品は卸としての強みを発揮し、マーチャンダイジング(商品計画)や提案活動に注力している。
大豆ミートを使用した2020年の主な新商品

大豆ミートは業務用ではヴィーガンやベジタリアンも多い訪日外国人の需要もあり、レストランや飲食店のメニューで拡大しているが、小売向けは「日販、週販ではなく月販のレベル」(メーカー)と回転率は高くなく、専用の売場が設けられているスーパーも限られている。一過性のブームで終わることなく定着させるためには、家庭用商品の売場での浸透がカギになりそうだ。
 
大豆ミートを含むプラントベースフード(植物性食品)は、右肩上がりの成長を続けることが期待されている。「人工肉」の括りでの世界市場規模は、日本能率協会総合研究所の予測によると、2023年には1,500億円にまで拡大するとされる。
 
また、大塚食品によると、「肉代替商品」の市場規模(2019年)は、米国で約1,500億円、EU2,000億円の市場で、日本は2016年から市場が年率1.3~1.7倍で伸び、2022年には254億円になる見通しだという。ただ、伸びてはいるものの、日本は欧米に比べるとその規模はまだまだ小さいといえる。
 
チャネル別で見ると、業務用に関しては、ホテルのヴィーガン向けメニューをはじめ、健康訴求のオーガニックレストランのみならず、通常の飲食店でも大豆ミートを取り入れたパスタやカレーを提供しているところは徐々に増えているもようだ。大豆ミートのメーカーからも、「食文化をつくるのは外食。業務用は広げていく」という方針も聞かれる。また、学校給食向けにも一定の需要があるようで、全国に大豆ミートを供給しているメーカーもある。
 
一方、家庭用を見ると、ネット通販は増加しているようだが、スーパーなどの小売の販売は、「露出が増えているが、それほどというのが現実的なところ」(メーカー)。冷凍畜肉コーナーに大豆ミートが採用されたというメーカーからは、「既存の畜肉の倍くらいの値段になる。選択肢のある人にとっては高いだけの商品で売れにくいのが現実」とシビアな見方もなされる。
 
さらに外部環境も逆風となっている。大豆ミート売場を設けているスーパーの店長によると、「試食販売をした時は、良く売れる」と効果は高いようだが、現在は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、店頭で試食販売を行うのは難しい状況だ。また、訪日客の大幅な減少から、業務用の影響も避けられない。
 
プラントベースフードに注目が集まっている背景には、健康意識の高まり、将来的な食糧危機の回避、地球環境の保護といった要因があるが、あるメーカーからは、「健康な食品はたくさんある。健康プラス植物性肉でなければ駄目なニーズが必要」と課題を挙げる。
 
それでも、大手メーカーや大手卸の参入により、カテゴリーとしての注目度が高まっているのは間違いない。甘酒や塩こうじ、サラダチキンなどの例を見ても、複数の商品が出そろうことで、売場づくりもしやすくなる。家庭用市場の拡大につなげていけるか、勝負の年になる。
 
〈大豆油糧日報2020年3月16日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/03/2020-0316-1323-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp