〈新型コロナ〉外出自粛ムード背景に、内食需要で国産豚肉の動き堅調、在庫もタイトに


内食需要でブタ肉堅調

内食需要で豚肉堅調(画像はイメージ)

豚肉は、2月26日の新型コロナウイルス感染防止のための政府の「自粛要請」以降、ホテルや外食関係向けの需要が大きく悪化している半面、小売り向け需要は中部位やスソ物ともに好調な動きとなっている。

パーツの在庫が少ないなかで、このほど政府はさらに10日程度の自粛延長を要請、その先には「春分の日」の3連休が控えることから、来週にかけて引合いは再び強まる可能性が高く、工場の稼働日も少ないため、来週前半にかけて枝肉の手当ての動きが強まりそうだ。

足元は、休校による学校給食の中止やホテル・外食向けの停滞により、月初に比べると若干荷動きが緩んだ雰囲気もあるが、引続き小売り筋からの発注が多く、ロース、カタロース、バラ、小間切れ・切り落とし用にウデの荷動きも堅調で、在庫はタイトにある。相対的にモモは弱いが、本来なら春休みでもっと動きが落ちるため、全体としては堅調といえる。

枝肉相場は、3月9日に横浜市場がボイラー点検で休市だったものの、1日当たり6.8万頭前後の出荷頭数のなかで、全農建値では上物税抜き430円前後と前週より30円ほど上げている。例年ならば春休みで学校給食が止まるため、月末に向かって下げに向かう流れとなるが、今回は来週前半にかけてもう一段の上げの展開もありそうだ。

ただ、この量販向けの需要がどこまで続くかは不透明だ。3連休が明けると、月末の決算期にかけて在庫回避の動きが強まるほか、気温上昇に伴ってバラ、カタロースの動きが弱まる可能がある。花見やBBQ(バーベキュー)需要も期待できず、スペアリブへの影響も心配されるところ。月末にかけて400円台を維持できるかどうかというところ。

〈畜産日報2020年3月13日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/03/2020-0313-1548-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp