フードデリバリーに広がる“非接触”配達、ドミノピザ・ピザハットやマクドナルドが実施


マクドナルドなどがデリバリーで“非接触”による商品受け渡しを実施(画像はイメージ)

マクドナルドなどがデリバリーで“非接触”による商品受け渡しを実施(画像はイメージ)

新型コロナウイルス感染症の拡大が続いている。政府も不要不急の外出を控え、多数の人が集まる場所を避けるなど、感染を防ぐための行動を呼び掛けているが、まだ収束に向かう道筋は見えない状況だ。

小中高等学校などの全国一斉休校もあり、毎日の食事の用意に悩んでいる家庭も多い中、「餃子の王将」や「吉野家」「和食さと」などの外食チェーンや「カラオケパセラ」は、テイクアウト商品の割引提供や子ども向け特価メニューの販売を実施し、家庭の助けになるよう努めている。

一方で、フードデリバリーには直接手渡しをしない“非接触”サービスがじわじわと広がっている。

ピザチェーンでは、ドミノ・ピザが3月6日から「あんしん受取サービス」を開始し、ピザハットも3月12日から「ピザ置き渡しサービス」(置きピザ)を展開。ハンバーガーチェーンでは、マクドナルドが3月11日から“マックデリバリー”で「非接触デリバリーサービス」を実施している。

ピザハットの「ピザ置き渡しサービス」(置きピザ)

ピザハットの「ピザ置き渡しサービス」(置きピザ)

これら3社のサービスはおおむね近い内容で、配達員が袋に入った商品を玄関先などに置いた後に“2m以上”離れ、利用客の受け取りを確認するというもの。
 
現時点ではいずれも公式サイトや公式アプリからの注文限定で、Uber Eats(ウーバーイーツ)など他社のデリバリーサービスによる注文を対象としていない。また、注文の際に“非接触”サービスを指定しなければ、通常どおり手渡しとなる。

ドミノピザ「あんしん受取サービス」利用手順

ドミノピザ「あんしん受取サービス」利用手順

食品産業新聞社ではこれまで、これらの“非接触”サービスをWEBで紹介してきたが、読んだ人からは「抵抗を感じる」という声がある一方、「配達員と利用者、双方のリスク回避になる」など、前向きな評価も多く見られた。国民の多くが感染症に不安を感じている中、一定の“安心”獲得にはつながっているようだ。“コロナ不安”が続く限り、この動きは今後、さらに広がっていくのではないだろうか。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/03/2020-0313-1259-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp