菅官房長官と文科・農水両大臣に学校給食関連3団体が陳情書提出、納入業者の救済求める


菅義偉内閣官房長官と給食3団体会長

菅義偉内閣官房長官と給食3団体会長

(公社)学校給食物資開発流通研究協会(古川裕志会長)、全国給食事業協同組合連合会(秋元直人会長)、(一社)日本給食品連合会(野口昌孝会長)の学校給食関連3団体は3月6日、新型コロナウイルス感染症対策により小・中学校、高校、特別支援学校が全国一斉臨時休校に入ったこと受け、3団体の参加企業の3月度の売上がまったく見込めない事態となったことから、納入業者の救済を求める「陳情書」を、荻生田文部科学大臣、江藤農林水産大臣に提出した。

陳情の内容は、売上減少分の補填方策、固定経費の補填方策、学校給食の設置者である市町村への発信など。

また3月9日には、首相官邸で菅義偉内閣官房長官に面談し、「陳情書」を提出した。菅官房長官は「政府として一生懸命対応する」と応えた。面談では、学校給食費の平均からみて事業者の損失総額は430億円に上ることなどを説明した。また、納品業者としてマスク不足で困窮している事を訴えた。

3団体は、政府、行政と共に、スピーディに今回の事態に対して行動していくとした。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/feeding/2020/03/2020-0311-1651-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp