丸亀製麺にボリューム満点「牛肉盛りうどん」登場、「あさりうどん」も同時発売


丸亀製麺「牛肉盛りうどん」

丸亀製麺「牛肉盛りうどん」

讃岐うどん専門店「丸亀製麺」を運営するトリドールジャパンは3月10日から、「牛肉盛りうどん」と「あさりうどん」を販売開始する。4月中旬までの期間限定。

「牛肉盛りうどん」は、食感にアクセントを加えバージョンアップした、肉を使ったうどんシリーズの新商品。甘辛く煮込んだ牛肉と玉ねぎ、しめじをうどんの上にのせて、彩りにシャキシャキの食感が楽しめるオクラを添えたボリューム満点の商品に仕上げている。並690円、大800円、得910円(すべて税込)。

丸亀製麺は「牛肉盛りうどん」の美味しい食べ方を以下のように解説している。

その1〉そのまま、豪快に。
まずは、オクラと甘辛く煮た牛肉をもちもちのうどんとよく絡めて、豪快に食べる。肉の旨みと玉ねぎの甘みがぶっかけだしと混ざり合い、うどんを楽しむことができる。また、お肉の噛み応えとシャキシャキとしたオクラ、ぷりっとしたしめじのそれぞれ異なる食感で、より満足感を感じられる。

その2〉ねぎ、天かす、しょうがをのせて。
次に、好みでねぎ・天かす・しょうがをのせ、味の変化を楽しむ。定番のねぎの他にも、サクサクの天かすを加えるとコクとボリュームがアップし、しょうがや七味をのせれば甘辛いだしがピリッと引き締まる。

その3〉好みのトッピングを添えて。
甘辛く煮た肉には、とろっと絡むとろろや温泉玉子がおすすめ。新生活が始まるこの季節、ちょい足しでスタミナたっぷりの一杯に。

「あさりうどん」は、丸亀製麺の春季限定メニューで、昨年に続く登場。注文ごとに一杯ずつ殻つきのあさりを丸亀製麺自慢のだしと煮ることで、うどんとともにあさりの旨みと香りを楽しめる。あさりはうどんが隠れるほど使用し、ぷりぷりの身を存分に味わえる。また、彩りの良いわかめも添え、春の訪れを感じられる仕上がり。並620円、大730円、得840円(すべて税込)。

「あさりうどん」

「あさりうどん」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/noodles/2020/03/2020-0309-1720-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp