明星食品「明星 大船渡秋刀魚だし黒船 さんまだし香る醤油ラーメン」発売、東北復興応援カップ麺第10弾


明星食品「明星 大船渡秋刀魚だし黒船 さんまだし香る醤油ラーメン」

明星食品「明星 大船渡秋刀魚だし黒船 さんまだし香る醤油ラーメン」

明星食品(株)(三浦善功社長)は2月19日、岩手県庁で「明星 大船渡秋刀魚だし黒船 さんまだし香る醤油ラーメン」の記者説明会・試食会を開いた。同社は東北復興を応援するカップ麺を2011年から発売しており、今回で10回目。今回は2013年、2014年にコラボした大船渡市の「秋刀魚だし 黒船」と再度手を組み「明星 大船渡秋刀魚だし黒船 さんまだし香る醤油ラーメン」を発売する。2月24日発売。230円。売上の一部を「ふるさと大船渡応援寄付」に寄付する。

〈コラム・交叉点〉店のラーメンの美味しさ、カップ麺の美味しさ

〇・・・有名店とコラボしたカップラーメンの再現度への評価はまちまちだ。店舗の味を知っている人が食べたときに、「ほうほう、よくできてるねえ」という反応もあれば、「全く違う!」という反応もある。また、店舗の味を知っている人が食べるのと、知らない人が食べるのでも反応が変わってくる。

〇・・・「大船渡秋刀魚だし黒船」は2002年創業の大船渡を代表する有名ラーメン店。東日本大震災後には炊き出し活動を行いながら、津波の被害から免れた店舗でラーメン店を再開。2013年のカップ麺での商品化以降、2014年、2015年には東京ラーメンショーにも出店した。2017年4月には「貝だしラーメン黒船 SECOND」をオープンした。

〇・・・岩瀬龍三店主は語る。「2013年に声がかかった時には、自分の味がカップラーメンに商品化されるとは夢にも思っていなかった。どんどん周りが進んでいって、正直に言うとよく分かっていなかった。出した条件は、店舗名がなくてもいいから、『大船渡』と大きくパッケージにデザインして欲しいということ。もう、味はいいので(笑)。2013年はまだ町もぐちゃぐちゃで、ようやく顔をあげられるくらいのころだった」。

〇・・・「なので、今回は改めて味にこだわった(笑)。パッケージにもこだわり、『大船渡』の字は古くからの友人に書いてもらったもので、イラストは陸前高田市出身のイラストレータの友人が手がけた。味は私にとっての100%ではない。ただ、私と即席ラーメンのプロによる良い商品ができたと思っている」。

〇・・・「あと、最近のテレビはあまり沿岸部の飲食店を取り上げてくれない。震災の後は『ここまでくるの!』というところまで来てくれたのに、盛岡ばっかりになっている。是非、沿岸部への取材もよろしくお願いします」。

〇・・・そう、食べるシーンも違うため、店舗のラーメンの美味しさ、カップ麺の美味しさは少々違う。最後までもめたのは「甘さ」だという。岩瀬店主は「そんなに甘くなくていい」、明星食品マーケティング部の前川賢一氏は「もっと甘くしたい」と。カップ麺としての満足感も重要な要素だ。「結構ケンカしました(笑)」(岩瀬店主)。

〇・・・さて、明星食品は復興支援の一環として、「大船渡秋刀魚だし黒船」に行ってみたいと思わせるべく作った。明星食品と岩瀬店主のこだわりを知るべく、大船渡を訪ねて食べ比べてみてはいかがでしょう。

写真は記者会見での記念撮影。左から岩手県復興局・大槻英毅局長、大船渡市・戸田公明市長、大船渡秋刀魚だし黒船・岩瀬龍三店主、明星食品マーケティング部・前川賢一氏、明星食品東北支店・真田育則支店長。

「さんまだし香る醤油ラーメン」記者会見、記念撮影

「さんまだし香る醤油ラーメン」記者会見、記念撮影

〈米麦日報2020年2月21日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/02/2020-0225-1456-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp