2019年加工仕向肉量は0.8%減の44.6万t、輸入豚肉0.6%減、シーズンド1.5%減


食肉加工品仕向肉量の推移

日本ハム・ソーセージ工業協同組合(日本食肉協議会委託事業)が発表した2019年の加工仕向肉量は0.8%減の44.6万tとなった。2019年のハムソー生産量は0.6%減少したが、仕向け肉量も同じトレンドとなった。また、仕向肉量の対象外であるシーズンドポークは、2016年以降、ソーセージ類の生産が好調だったことで増加傾向をたどっていたが、今回は1.5%減の11.9万tと減少に転じた。

2019年12月の加工仕向け肉量は2018年同月比0.4%増の3万8,301tだった。2018年12月に4.7%減少した反動で増加したもの。このうち輸入豚肉は1.8%増の2万6,515t、国産豚肉は1.7%減の5,912t、鶏肉は3.4%増の4,232tだった。仕向肉量とは別枠のシーズンドポークは1.8%増の1万55tだった。12月のハムソー生産量は0.6%増加しており、原料も生産量に準じた動きとなっている。

2019年の年間累計では、合計仕向け肉量は0.8%減の44万5,783t、うち輸入豚肉は0.6%減の30万4,862t、国産豚肉は4.1%減の6万7,171t、国産鶏肉は4.3%増の4万5,649t、輸入鶏肉は2.1%減の9,541t、鶏肉合計では3.1%増の5万5,190tだった。成牛肉は2.4%減の1万7,716tだった。豚肉が微減、鶏肉が微増となった形だ。またシーズンドは1.5%減の11万8,514tと、過去最高だった前年から減少に転じた。

2019年12月分加工仕向け肉量

〈畜産日報2020年2月25日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/02/2020-0225-1132-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp