シリアル類の売上が2桁増、『ミルクボーイ』効果で「ケロッグ コーンフロスティ」がけん引/令和2年1月の消費動向


「ケロッグ コーンフロスティ 袋 240g」

「ケロッグ コーンフロスティ 袋 240g」

(株)KSP-SPは1月のPOS(KSP-POS)データをまとめている。品目別売上(金額、数量、個当たり平均単価)のうち、米麦関連22品目を抽出した。

引き続き好調なのは米飯加工品。ただ、1月は数量を落としており、単価上昇でカバーした形。また、シリアル類の売上金額が前月比2.7%増、前年同月比10.1%増となった。

上位アイテムが全般的に売上を伸ばす中、「ケロッグ コーンフロスティ 袋 240g」が前月比52.5%増と牽引する。昨年末の『ミルクボーイ効果』が要素として大きい。プレミックスや小麦粉は苦戦。包装餅も前年同月と比べて売上金額が約1割少ない。

米麦の品目別POSデータ総体(2020年1月)

〈米麦日報 2020年2月12日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/02/2020-0212-1631-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp