昭和産業が天ぷら粉60周年で総菜や外食とコラボ、油脂とミックス扱う強み生かす


昭和産業 荒川謹亮執行役員油脂部長

昭和産業 荒川謹亮執行役員油脂部長

昭和産業が2月6日開催した記者会見では、新妻一彦社長による新中期経営計画の説明に続いて、荒川謹亮執行役員油脂部長が油脂事業の概要報告を行った。

まず、2019年の国内の搾油量について、大豆は前年比104%の245万t、菜種は101%の237万tと、両油脂とも前年を上回ったことを振り返り、「特に大豆搾油量は近年回復傾向で、5年前と比較すると125%程度となっている」と説明した。

油脂のコスト環境については、「厳しい状況と判断している。昨今、物流コストや包材コストの上昇など、原料以外のコストも厳しい状況だ。しっかりと説明した上で、コストに見合った丁寧な販売を行っていく」と述べた。

業務用の食材については、「2019年はベーカリーや菓子向けの果糖ミックスが伸び、全体の数字を押し上げた。油脂部が主に販売している業務用天ぷら粉や、から揚げ粉などのミックスは年間12万5,000t前後と大きな変化はない。特にスーパー総菜など、中食業態の堅調さが支えている」と説明した。

取り組みについては、「業務用製品、食材については、油脂とミックス双方を取り扱う当社ならではの強みを生かし、多様化している中食と外食の顧客、その先の消費者のニーズにしっかり応え、マーケットインの観点で最適な組み合わせで製品提案を行っていく」と力を込めた。

業務用ミックスは、天ぷら粉発売開始から60周年の節目の年となることから、業務用の販売ルートにおいても、総菜や外食メニューとのコラボレーションによる販売促進を計画している。商品政策では、白くて歯切れのいい食感の衣が特徴の「珀金天ぷら粉」の1kgタイプを追加発売し、幅広い業態のユーザーに対応していくとした。

また、唐揚げ粉の販売が好調といい、ラインアップを充実させた「パリッジュ~」シリーズの定期的な販促提案が、スーパー総菜でのメニューのバラエティー化に役立っていることを要因に挙げた。販売ルートでは、従来の食肉卸に加えて、畜肉メーカーやベンダールートを活用して採用につながった成功例も出ているという。

好調な大豆たん白製品群に注力、3月完成の設備更新を踏まえ体制を強化

今後の注力カテゴリーについては、「植物性たん白市場は活性化している。大豆たん白製品群も非常に好調で、国内生産量は2013年から2019年までに約130%と大きく伸長している。今後もさらに拡大が見込める市場で、当社の販売量も市場を上回るペースで伸びている」と手応えを語った。

従来の用途にとどまらず、100%の畜肉代替、菓子類や即食製品への展開など多岐にわたっているとし、「油脂事業に加え、糖質事業ででん粉などを取り扱う強みを生かし、提案活動の成果が出てきている。20年3月完成の設備更新を踏まえ、今後は研究開発・製造・販売すべての体制を強化し、市場開拓に向け拡大に取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

また、昨年10月の台風により、精製工程で生じるフーツの処理工場が被災した影響について、「昨年11月に両工場ともフーツの引き取り手がなくて数日止めざるを得ない状況となったが、引き取り手は見つかっており、現在は潤沢に回していけている。ただ、自社でも処理していくべく、工場と打ち合わせしており、来年度中には処理できるようにしたい」と述べた。

鈴木雄一食品部長は、昨年の取り組みとして、食品部の今後の取り組みとして、家庭用商品では、天ぷら粉700gの復刻版パッケージ商品を発売し、全商品に「愛され続けて60周年」というアイキャッチをパッケージに記載して展開すると説明した。「オリンピックイヤーということで、日本の和食の象徴である天ぷらを国内外に広めて需要を喚起し、10月の発売60周年に向けて、さまざまな食シーンで天ぷら粉のおいしさを発信していきたい」と意気込みを語った。

昭和産業 鈴木雄一食品部長

昭和産業 鈴木雄一食品部長

〈大豆油糧日報 2020年2月12日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/02/2020-0212-1603-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp