〈令和2年2月の需給展望 鶏肉〉1月中旬以降に弱含む、暖冬で鍋物需要は望み薄


サンプル

生産は引き続き潤沢、凍結物消化が輸入品にも影響か

2020年1月の鶏肉需給は、年明けから「成人の日」を含む3連休までは補充買いなど一定の需要に支えられた。

供給量は潤沢な生産体制だったことで、補充買い後は直ちに弱含むと見られたが、中旬まではもちあい相場となった。後半にかけてはさすがに弱含んだ。

1月は一時的に本格的な冬の寒さを感じさせる日も散見されたが、依然として暖冬の影響は大きく、葉物野菜は価格が下落したにもかかわらず、鶏肉を含む鍋物需要は盛り上がりに欠けた。そのため1月の月間平均相場は、日経加重でモモが621円(前年648円)、ムネが262円(271円)にとどまり、モモ・ムネともに昨年を下回り、とくにモモは30円近く下回った。2月も暖冬が続くと予測され、引続き鍋物への期待はできない状況。

また、うるう年の関係で稼働日が例年より多いため、生産量は引き続き潤沢と見られる。需要を盛り上げる材料が乏しいのが現状だが、3月には調味料メーカーのテレビCMが予定されており、年度末であることもあり、業界挙げての販促による消費拡大を期待したい。

[供給見通し]
日本食鳥協会がまとめているブロイラーの生産・処理動向調査によると、2月の生体処理羽数は前年同月比7.0%増と予想している。さらに生体処理重量は7.3%増と羽数・重量ともに前年を大きく上回る見通しだ。

とくに北海道・東北地区はそれぞれ7.2%増・5.8%増、南九州地区(宮崎、鹿児島、沖縄)でも、8.0%増・8.3%増と南北の主要産地での生産増が引き続き見込まれている。その他の産地でも昨対減の地域は見られず、処理羽数の伸長以上に処理体重の伸長が高い傾向にあり、増体が順調に進むと見られる。

農畜産業振興機構の鶏肉需要予測(1月29日公表)によると、2月の国内生産量は13.1万tで前年同月比1.1%増、輸入量は4.6万tで11.7%増。

1月の輸入量は、国内相場が低水準の状況が続くなか、輸入業者により一定数量の手当てが行われていることなどから、前年同月並となったが、2月は、ブラジルからの輸入量が増加するため、前年同月を大きく上回ると見られる。3カ月平均(12月~2月)では1.4%増と前年をわずかに上回ると予測される。

輸入品は2月だけを見れば、輸入量は大幅増だが、3カ月平均で微増に留まっている。現地ブラジルの生産状況は、家畜疾病などの大きな問題もなく順調で、国内需要も堅調なため、日本向け輸出を無理にでも増やそうとする動きは見られていない。そのため、今後も単月では多少の増減は考えられるが、3カ月平均や中長期では前年実績を踏襲していくと見られる。

[需要見通し]
モモ需要は1月中旬までそれなりに強かったが、その後は弱含んだ。数字上は2月に入っても踏ん張っているようだ。需要自体も底堅く、需要が前年同水準を下回るとは考え難いが、供給量が潤沢な中でどこまで販売量を伸ばせるかが注目される。また昨夏以降、供給体制が順調だったため、各社一定数の凍結物を抱えており、年度末に向けて在庫消化も進めている。

そのため、需要を上回る供給体制が続く。輸入量も大きくは変わらないため、需要は昨年同様と言いたいが、一部で「中小・零細ではコストを優先して、国産の投げ売りにより、国産品に切り替えている」との声も聞かれ、2月以降、この動きはさらに加速する可能性もあり、輸入品においては、供給量(輸入量)が需要を上回っているかの見極めが必要か。

[価格見通し]
4日の日経加重平均はモモで612円、ムネは262円となっており、モモは1月平均価格を下回っているが、1月31日の605円から持ち直している。一方でムネは日々の上げ下げはあるが横ばいで推移している。今後の需要は昨年並とみられるが、潤沢な生産量が影響するため、月間平均ではモモが605円前後、ムネは260円前後、農水省市況ではモモが625円前後、ムネが280円前後と見込まれる。

〈畜産日報 2020年2月10日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2020/02/2020-0210-1056-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp