清酒の2019年課税数量は5.6%減、12月単月は7.1%減/日本酒造組合中央会


2019年1〜12月清酒の課税移出数量

2019年1〜12月清酒の課税移出数量

日本酒造組合中央会が発表した2019年1〜12月の清酒の課税移出数量は前年比5.6%減の46万1,788klとなり、数量減のトレンドは継続した。

ただし、10月以降に消費税増税の環境変化があり、RTDや新ジャンルなどの低額な商品と比べ厳しい消費環境となる中で、減少幅は2018年の7.3%減より縮小した。年間でタイプ別に減少幅が比較的小さかったのは、吟醸酒の1.1%減、うち純米吟醸酒は0.3%増とわずかに増加した。

12月単月で見ると、7.1%減と厳しい結果となっている。消費税増税の反動減で2ケタ減を続けた10〜11月と比べれば幅は小さくなったと言えるが、最需要期の12月であり減少した数量は大きい。年間の動向と同じく、純米吟醸酒は0.8%増とわずかに増加した。

〈酒類飲料日報 2020年2月6日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/02/2020-0207-1324-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp