「日本盛 生原酒」mont-bellデザインボトル缶を発売、本醸造と大吟醸


「日本盛 生原酒 200mlボトル缶 mont-bellデザインボトル」(専用カバー付き)

「日本盛 生原酒 200mlボトル缶 mont-bellデザインボトル」(専用カバー付き)

日本盛は1月28~29日の2日間、大阪市西区のモンベル本社ビルで開催された「モンベル&ベルカディア2020-21年秋冬展示受注会」において、「日本盛 生原酒 200mlボトル缶 mont-bellデザインボトル(本醸造、大吟醸)」を3月上旬から数量・期間限定で発売すると発表した。
「日本盛 生原酒 200mlボトル缶 mont-bellデザインボトル」

日本盛は昨年より、「生原酒ボトル缶をアウトドアで楽しもう!」をテーマにアウトドアシーンでの飲用啓発に注力している。モンベルは「Function is Beauty(機能美)」「Light&Fast(軽量と迅速)」をコンセプトとする商品や日本の文化をアウトドアで楽しむ商品の開発に取り組んでいる。両社はこれらの方向性が合致することから、昨年6~9月、第1弾となる商品タイアップを行った。「本醸造」1品で展開したところ、既存販売店における売上実績が前年同期比130%を超えるなど、「効果は抜群で、昨年のタイアップによって新たなファンをつかんだ手応えがあった」(担当者)という。
 
ボトル缶は軽量で割れにくく、リキャップも可能。「ちょい飲み」を気軽に楽しむことができる。一方で、「生原酒はしっかりした味わいで、いわゆるカップ酒とは差別化できる。アウトドアシーンでの楽しい体験の記憶とともに思い出し、日常でも飲まれるようになれば」(担当者)と期待する。
 
モンベルの辰野岳史社長は、「アウトドアが好きな人はお酒好きが多い。火を見つめながらひとりの時間を過ごしたり、自然の中で友人と語らうなど、時間を楽しむ遊び方を知っている。ボトル缶は、携帯性が良く酸化も防ぐと聞いている。機能性を重視した日本盛のものづくりの考え方が、機能美を追及する当社のコンセプトにも合っており、コラボすれば面白いと考えた」と語った。
 
第2段となる今年は、「本醸造」に「大吟醸」を加えた2品をラインアップ。ボトル缶専用カバーとお猪口のセット(税込2,200円)も、通信販売やアウトドアイベントなどで発売予定だ。カバーには、ウェットスーツなどにも使用される保温性の高いネオプレン素材を使用。ボトルを燗につけた後に保温できる。更にボトル缶にぴったりはまるサイズのお猪口を付けて、ゆっくりと飲むためのセットにした。
 
〈酒類飲料日報 2020年1月31日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/01/2020-0131-1647-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp