好調のエナジードリンク市場にコーヒー味じゃない「ボス」が登場、新製品「サントリー アイアンボス」は30〜40代の働く人がターゲット/サントリー食品インターナショナル


サントリー食品インターナショナル「サントリー アイアンボス」

サントリー食品インターナショナル「サントリー アイアンボス」

エナジードリンク市場が活性化する中、サントリー食品インターナショナルは、“働く人の相棒”「BOSS(ボス)」ブランドから30〜40代向けのエナジードリンクとして、「サントリー アイアンボス」(250ml缶税別/150円)を3月17日から全国発売する。

エナジードリンクはストレス社会の進行も背景として、年々伸張している市場だが、既存のエナジードリンクは10〜20代を中心に飲用され、若い世代が中心となって市場を牽引している。そのイメージもあって、30〜40代からは「仕事中にエナジードリンクを飲みたいが、既存のエナジードリンクは自分向けではない」という声があることに同社は注目したという。

そこでサントリー食品は、“働く人の相棒”の「ボス」ブランドで、「コーヒーや紅茶以外が必要なシーンでも働く人に寄り添いたい」という想いから、ストレス社会で働く30〜40代に向けたエナジードリンク「アイアンボス」を発売する。

中味は、ビタミンB群、アルギニン、カフェインに加え、GABAを配合。ストレス社会で働く30〜40代をサポートする中味設計という。また、満足感とキレを両立させた甘さと適度な炭酸で、コーヒー味ではなく、王道のエナジードリンクの味わいに仕上げたという。

パッケージは、直感的に「力強さ」を感じるネーミングや配色を背景に、「ボス」ブランドからのエナジードリンクであることをわかりやすく表現するため、商品名と液色を大きく配し、「鉄壁のエナジー」のアイコンを採用。なお、商品の側面では、1本あたりの栄養成分を大きく表示している。

2020年2月5日からは、発売前にもらえるフォロー&リツイートキャンペーンを開始するなど積極的なプロモーション活動を展開し、「アイアンボス」の登場を訴求する考え。

好調なエナジードリンク市場では、「レッドブル」と「モンスターエナジー」の2大ブランドが高いシェアを占めている。アサヒ飲料は「モンスターエナジー」の製造ラインを群馬工場に新設し、自社工場での製造を今年1月から開始するなど需要増加に応える。さらに、昨年は「コカ・コーラ」ブランド初となるエナジードリンク「コカ・コーラ エナジー」や「リアルゴールド ドラゴンブースト」が登場し、注目された。また、イオン、西友、マツモトキヨシなど流通企業のPB(プライベートブランド)製品もファンを拡大中だ。

エナジーで後発となる「ボス」ブランドは、“働く人の相棒”として1992年の発売以来成長を続け、昨年は前年比4%増の1億1180万箱となる日本を代表するメガブランド。その知名度と長年築いた働く人々との信頼関係を活かし、エナジードリンクでも“働く人の相棒”になれるか注目される。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/01/2020-0128-1458-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp