「明治おいしい牛乳」キャップ付き中容量450mlが新登場、中国・四国・九州地区で先行発売


キャップ付き容器の「明治おいしい牛乳」450ml

キャップ付き容器の「明治おいしい牛乳」450ml

明治は、牛乳の新鮮なおいしさが長持ちするキャップ付き容器を採用した「明治おいしい牛乳」の新容量450mlを、1月14日から中国・四国・九州地区で先行発売する。

大容量(900ml)では2016年から展開しているキャップ付き容器を、中容量にも採用し、少人数世帯にも新鮮な生乳のおいしさを届けるのが目的。牛乳類市場はこれまで縮小・減少傾向だったが、近年、健康価値やおいしさが改めて見直され微増傾向にあり、また少人数世帯が増える中で、中容量を選ぶ人が一定数いるという調査から、明治は新容量のラインナップで「お客さまの満足度向上を目指すとともに、新規顧客の獲得と市場活性化を図っていく」考え。

キャップ付き容器は、遮光性に優れ、容器に満量充填することで中身が空気と直接触れにくいため、新鮮な生乳のおいしさが長持ちする特徴をもつ。またキャップは、突起付きで握りやすく開けやすい“かんたんワンステップキャップ”となっており、開封後もリキャップ可能なため、新鮮な生乳の香りをキープできる。

2016年に大容量でキャップ付き新容器を採用した際には、これまでより開けやすさ・注ぎやすさ・持ちやすさが向上したと利便性アップが支持され、鮮度へのこだわり、おいしさ向上も注目された。容量については、同容器採用を機に従来の1000mlから900mlへ減らし、割高なイメージがついたため、消費への影響が懸念されたが、想定ほどは売り上げに大きく影響していない。近年は、「牛乳を新鮮なうちに飲み切りたい」ニーズが高く、今回の中容量もこれまでの500mlから450mlへの変更となるが、鮮度と利便性がクローズアップされ、他のエリアの「明治おいしい牛乳」ユーザーからも注目されそうだ。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2019/12/2020-0110-1532-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp