“予約が取れない店”のシェフが「本当は教えたくなかったレシピ」や「人気No.1まかないメニュー」を披露/マルコメ新商品発表会


「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」落合務氏

「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」落合務シェフ

〈「賛否両論」笠原将弘氏と「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」落合務氏〉
マルコメの新商品発表会が1月8日都内で行われ、新商品を使用したステージショーに、なかなか予約が取れないことで知られる人気店の有名シェフ、「賛否両論」笠原将弘シェフと「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」落合務シェフが登壇した。

東京・恵比寿の人気日本料理店「賛否両論」店主・笠原将弘シェフは、自身が監修した新商品「賛否両論 糀ドレッシング」「賛否両論 みそ漬けの素」「賛否両論 胡麻だれ」を使った料理のデモンストレーションを行った。

「賛否両論」笠原将弘氏

「賛否両論」笠原将弘シェフ

笠原シェフは、「本当は教えたくなかったレシピだが、マルコメさんの熱意に負けた。今回の商品も完璧。自信のある商品に仕上がった」と力強く語った。
 
「糀ドレッシング」はマルコメの糀甘酒にごま油とマスタードを合わせた豊かな味わいが特徴。実演では、春キャベツとアスパラを使ったサラダを提案した。「胡麻だれ」は糀甘酒にカシューナッツと練りごまを加え、濃厚で深い味わいにした。鮮魚との相性が良く、笠原氏は、「胡麻だれ」を使った鯛茶漬けを披露し、会場の関心を引き付けた。
 
一方、2019年末に文化庁長官表彰を受賞した、東京・銀座のイタリア料理店「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務オーナーシェフは、マルコメの大豆ミート「大豆のお肉」を使って、同店のまかないで人気ナンバーワンのグリーンカレーを実演してみせた。

マルコメ「賛否両論 糀ドレッシング」「賛否両論 みそ漬けの素」「賛否両論 胡麻だれ」

マルコメ「賛否両論 糀ドレッシング」「賛否両論 みそ漬けの素」「賛否両論 胡麻だれ」

落合シェフは「まかないでしか出せない人気のグリーンカレーを紹介する。大豆ミートは3分ほどゆでてすぐ使える。時代の流れから、植物性代替肉の需要も高まってくる。外食店もこうした流れにシフトしたメニュー提案を行っていかなければならない。大豆ミートは体に良く、おいしい。鶏肉よりも贅沢な量を使えるので経済的」とし、ブームを予感させるコメントを添えた。

マルコメ「大豆のお肉」

マルコメ「大豆のお肉」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2020/01/2020-0110-1402-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp