缶コーヒー「ジョージア」がオリンピック缶を展開、新製品「ジョージア ファイブ」も、「TOKYO2020も、誰かの仕事でできている。」


発表会には「ジョージア」新CM「TOKYO2020宣言」篇に出演する山田孝之・広瀬アリスらが登場

発表会には「ジョージア」新CM「TOKYO2020宣言」篇に出演する山田孝之・広瀬アリスらが登場

コカ・コーラシステムは、東京2020オリンピックを支える人たちに寄り添い、「ジョージア」 のコーヒータイムを通じて、日々ひたむきに働く全ての人たちを応援する「ジョージア ブランド キャンペーン」を、1月13日から全国一斉にスタートする。

同日から放映される山田孝之さんと広瀬アリスさんが出演する新テレビCM「TOKYO2020宣言」篇では、二人が東京2020オリンピックに関わるさまざまな職業にふんし、大会に向けての思いや仕事の誇りを描くことで、同大会を支える全ての働く人へエールを送る内容となっている。

製品では、東京2020オリンピックのマーク入りデザイン缶を「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」「ジョージア グラン 微糖」「ジョージア ディープブラック」、そして新製品「ジョージア ファイブ」の4製品(各170g缶、185g缶)で、1月13日から展開する。

さらに、裏面のデザインは、第1弾から第3弾まで、合計25種類のデザインを展開する。第1弾として、ジョージアがしたためる熱いキャンペーンコピーを全面にあしらった“宣言デザイン”をスタートし、3月発売の第2弾と5月発売の第3弾では、本大会を支える24種類の職業を描いた“職業紹介デザイン”を採用する。

「ジョージア」東京2020オリンピックマーク入りデザイン缶

「ジョージア」東京2020オリンピックマーク入りデザイン缶

裏面の“宣言デザイン”

裏面の“宣言デザイン”

同ブランドは、「世界は誰かの仕事でできている」をテーマにしたキャンペーンが7年目を迎える。東京2020オリンピックが開催される今年は、夢の舞台を支えるために働く全ての人を応援する「TOKYO2020も、誰かの仕事でできている。」をテーマにして展開する。
 
1月6日に行われた「ジョージア」ブランド戦略発表会で、日本コカ・コーラ社マーケティング本部の福江晋二コーヒーカテゴリーバイスプレジデントは、「TOKYO2020オリンピック・パラリンピックは、あらゆる世代の男女が注目する世界最大のスポーツイベントです。“ジョージア”は、この大変素晴らしい、強いアセット(資産)を最大限に活用していきます。特に昨今は、働き方改革もあり、働き方自体が多様化しています。そういった時代に沿った形で、より広く働く人たちを応援するブランドでありたいというメッセージを、オリンピックを活用してより強く発信します」「(ジョージアの)オリンピックキャンペーンについては、テレビCMをはじめ、デジタル施策、店頭、製品デザインまで、あらゆるタッチポイントで、全ての働く方々を応援するブランドであるということをお伝えしていきます」と話した。
 
会場には、テレビCMに出演する山田孝之さんと広瀬アリスさんのほか、ゲストとして新オリンピックスタジアムの工事現場で働いた平野隆二さん、飛行場で旅行客を迎えるグランドスタッフの西内実咲さん、大会で授与されるメダルを製造する小野林翔平さん、義足・義手づくりを手がける齋藤拓さんらが登場し、オリンピック・パラリンピックへの熱い想いを語った。
 
なお、新製品「ジョージア ファイブ」は、コーヒー大国5カ国の豆を、5段階の焙煎を組み合わせたすっきりとした微糖タイプの設計。5色のオリンピックエンブレムがまぶしいオリンピックイヤー限定製品だ。

新製品「ジョージア ファイブ」の設計(コカ・コーラシステム資料)

新製品「ジョージア ファイブ」の設計(コカ・コーラシステム資料)

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2020/01/2020-0107-1755-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp