ミニストップ、コーヒーSサイズを80円に値下げ、客数増加など「加盟店の利益に貢献」狙う


ミニストップ コーヒーSサイズが“毎日うれしい新価格”80円に変更

ミニストップ コーヒーSサイズを“毎日うれしい新価格”80円に変更

ミニストップは1月6日から、「ホットコーヒー」と「アメリカンコーヒー(ホット)」各Sサイズの価格を税別93円から80円に値下げした。

味・品質・量は従来のまま、国内のミニストップ(一部店舗除く)で提供している。ミニストップの「ホットコーヒー」「アメリカンコーヒー」は、「MINISTOP CAFE」ブランドで提供している挽きたてコーヒー。生産国(タンザニア・ブラジル・コロンビア)の格付けにおける上級品、最高等級豆アラビカ豆のみを使用し、芳醇な香りが特徴の「キリマンジャロ」をブレンドしている。コーヒー豆の特徴に合わせて焙煎時間、焙煎度合いを調節してからブレンドする「アフターミックス製法」を採用し、優しい口当たりとすっきりとした後味で、時間が経過してもおいしさが持続するという。

ミニストップは今回の価格変更について、「(2019年)10月の消費税増税後、節約意識の高まる中、ミニストップは生活に密着した業態として、毎日購入される頻度が高く、 習慣化されやすい“コーヒー“をお買い求めやすい価格で販売します」などと説明。昨年7月から本体価格100円で提供しているおにぎりや、菓子パン・サンドイッチ・中華まんなど、コーヒーと一緒に購入されることが多い商品を充実させ、客数増加や客単価アップにより、加盟店の利益に貢献するとしている。

ミニストップ コーヒー価格表

ミニストップ コーヒー価格表

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2020/01/2020-0107-1547-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp