松屋「ビーフシチュー定食」販売休止、“好評につき”原料の供給間に合わず


松屋「ビーフシチュー定食」

松屋「ビーフシチュー定食」

牛丼チェーン「松屋」を展開する松屋フーズは12月27日、「松屋」で販売中のメニュー「ビーフシチュー定食」の販売休止を発表した。

「ビーフシチュー定食」は12月17日に販売開始した新メニュー。とろとろになるまで煮込んだ牛肉と、ゴロゴロとした甘みのあるジャガイモ・ニンジンを、赤ワイン風の特製ソースで煮込んだ本格的な一品で、松屋フーズは「寒い季節に合わせた、ご飯がすすむ逸品」とし、ライスとみそ汁を付けたセットで提供している。TwitterなどのSNSでは、実際に食べた人たちから、「柔らかくておいしい」「(販売期間中に)もう1回食べようかな」「罪深い食べ物が誕生してしまった」などの感想が投稿されていた。

松屋フーズによると「好評につき原料の供給が間に合わず」、12月29日から順次休止するという。販売再開は1月初旬を予定。再開日時が決まり次第、あらためて告知するとしている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/12/2019-1227-1631-15.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp