未来を担う高校生への教育を継続的に支援、伊藤忠食品「商業高校フードグランプリ」


伊藤忠食品「商業高校フードグランプリ」

第49回食品産業技術功労賞 環境・CSR部門

伊藤忠食品が2013年度から毎年開催している「商業高校フードグランプリ」は、「商業科目」を有する全国の商業高校生達が地元の特産品を使ってメーカーと共同開発した商品を応募し、グランプリを決める大会だ。

高校生達は、大会へのエントリー、企業との商品の共同開発の経験を通じて、「継続的に流通・販売可能な商品」に必要な条件や課題を学び、ビジネスの実態に触れることができる。食品産業に関わる若い人材の発掘・育成に資する取り組みであり、地域の食材を使った商品を全国にアピールする機会ともなる。地域食文化の継承にも寄与する。

伊藤忠食品は、未来を担う高校生への教育を継続的に支援するとともに、地域活性化につながる商品の販売を推進し、従来型のCSR活動にとどまらない、「食に関わる若い人材の育成」と「地域食文化の継承」という社会と共有できる価値を創造する。本業に結び付いたCSV(Creating Shared Value 共有価値の創造)の発展を目指す。

〈食品産業新聞 2019年12月2日付より〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/etc/2019/12/2019-1226-1100-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp