日本のハーブティーの歴史を切り開いた「ポンパドール・ハーブティー」、日本上陸50周年/日本緑茶センター


「ポンパドール・ハーブティー」

第49回食品産業技術功労賞 国際部門

ドイツ・ティーカネン社のハーブティー「ポンパドール」の国内総代理店として、日本緑茶センターは1969年に輸入を開始し、今年で日本発売50周年を迎えた。ハーブという言葉に馴染みのなかった時代にその魅力に着目し、日本のハーブティーの歴史をパイオニアとして切り開いてきた。

1882年の創業以来、ティーカネン社では高品質な紅茶の輸出を手がけており、その製茶技術や経験をもとに1913年に開発したのが「ポンパドール」だ。原料調達から製造、出荷までをティーカネン社が一貫して行っている。

誕生から100年以上経ち、50カ国以上へ進出。世界トップシェアのハーブティーブランドへと成長した。

現在、日本では10ティーバッグや20ティーバッグ、水出し、アソートなど約50アイテムを展開。売れ筋は発売当初から変わらず「カモミールフラワー」だ。

直近では初のオーガニックシリーズを投入し、ミレニアル世代を中心とする若年層へのアプローチを図るなど、老舗ブランドながら常に進化を続けている。

〈食品産業新聞 2019年12月2日付より〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/12/2019-1226-1430-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp