乾麺ながらそば湯が楽しめる「そば湯まで美味しい蕎麦」シリーズ/はくばく


「そば湯まで美味しい蕎麦」シリーズ

第49回食品産業技術功労賞 商品・技術部門受賞

「そば湯までおいしい蕎麦」シリーズは、乾麺ながらそば湯が楽しめるという、ありそうでなかったコンセプトの商品。乾麺の蕎麦はそば粉、小麦粉、塩から作るのが一般的。そのため、ゆで汁に塩分が残り、そば湯として楽しむ習慣はほぼない。同シリーズははくばくの無塩製法と、独自のそば粉の配合により、乾麺ながら「そば湯が美味しい」という付加価値を生み出した商品だ。

また、自社製粉による“純ヌキ石臼挽きぐるみ製法”により、香りが残りやすいそば粉を使用。加えて、美味しいそば湯を楽しむために、石臼挽きによる微粒子の溶出が効果的な石臼を採用した。麺づくりに使用する水は“信州木曽御岳山麓水系の水”を使用する。

「そば湯まで美味しい蕎麦」シリーズは2017年3月発売。以降、販売拡大を続けている。現在、「黒」、「白」、「ざる」、「抹茶」、「韃靼」、「柚子」の6アイテムで展開。季節商品も投入する。前期(19年3月期)はシリーズ全体の販売実績が60%増と伸長。今期もさらにファンを増やしている。

〈食品産業新聞 2019年12月2日付より〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/12/2019-1224-1031-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp