神明ホールディングスと宇宙ベンチャー「天地人」が業務提携、衛星データ活用で「宇宙ビッグデータ米」販売


土地評価エンジン「天地人コンパス」デモデータ

土地評価エンジン「天地人コンパス」デモデータ

株式会社神明ホールディングス(藤尾益雄社長)は12月20日、宇宙ベンチャー「株式会社天地人」(てんちじん、東京都港区、櫻庭康人代表)と業務提携を締結した。

天地人はJAXA(独立行政法人宇宙航空研究開発機構)の研究者らが設立した宇宙ベンチャー企業で、JAXAの認定を受けている。地球観測衛星のデータを活用した土地評価エンジン「天地人コンパス」を使って気候や圃場情報を解析し、実際には収量などが見込める耕作放棄地などの「ポテンシャル名産地」を発掘するプロジェクトを行っている。

今回の業務提携によって、米農家とともに「ポテンシャル名産地」で栽培・収穫した米を、来年9月頃から「宇宙ビッグデータ米」として神明ホールディングス傘下の飲食店を皮切りに提供するとしている。

〈米麦日報 2019年12月23日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/12/2019-1223-1848-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp