工場直送のアイス「PARM」や「MOW」を自分好みにカスタマイズ、静岡・三島大社前に「パルモフジ」リニューアルオープン/冨士森永乳業


アイスクリームファクトリー「PaRmoFuji(パルモフジ)」で提供する「マイモウパフェ」「モウソフト」「マイパルムバー」

アイスクリームファクトリー「PaRmoFuji(パルモフジ)」で提供する「マイモウパフェ」「モウソフト」「マイパルムバー」

森永乳業の関係会社の冨士森永乳業は12月21日、静岡県三島市の三島大社前にアイスクリームファクトリー「PaRmoFuji(パルモフジ)」をリニューアルオープンした。三島の工場直送の「PARM(パルム)」「MOW(モウ)」を客の注文に応じカスタマイズするショップで、新たにイートインスペースを13席設け、コーヒーもメニューに加え、できたてオリジナルアイスをゆっくり楽しめる空間となっている。年末年始は参拝者で賑わい行列ができそうだ。
「PaRmoFuji(パルモフジ)」店舗外観

「PaRmoFuji(パルモフジ)」店舗外観

リニューアルに先立ち開催した内覧会で、冨士森永乳業の櫻井一美社長は、「当社(当時は冨士食料品工業)は大正9年、日本で初めて工業的にアイスを製造、昭和34年、三島に工場を構えた。あれから半世紀以上経ち、アイスを作り始めて100年を迎える。ピノの製造もスタートはこの地で、挑戦的に新しいものをやろうという会社であり、そういう意味でこの店も新しい挑戦となる」と話した。
 
「PaRmoFuji」は以前、大社近くの商業施設「大社の杜みしま」に6年間出店していたが、2019年11月末の施設閉鎖に伴い閉店、今回は独立店舗での挑戦となる。
 
店の外装と内装はバニラアイスを思わせる白色を基調とし、店内からは大社正門の鳥居も見える好立地。アイスは工場直送のつくりたて「パルム」と、「モウ」と同じ原料のソフトクリーム、これをベースに客が好みのコーティングチョコや菓子などのトッピングをオーダーし、店員が目の前でデコレーションバー、パフェ、ソフトクリーム(アフォガートも)にカスタマイズして仕上げる流れで、「マイパルムバー」(300円、デコはプラス150円、以下税込価格)252通り、「マイモウパフェ」(550円)16通り、「モウソフト」(350円、トッピングはプラス50円)17通りの、全285通りの組み合わせが楽しめる。

店員が目の前で「PARM」や「MOW」をカスタマイズ

店員が目の前で「PARM」や「MOW」をカスタマイズ

中でもソフトクリームは、雪をかぶった富士山を思わせる見た目、このためにモウと同じコンセプト(乳化剤・安定剤不使用)のソフトミックスを開発し、北海道から直送しているのが特徴。この店でしか食べられないモウのソフトクリーム、パフェメニューとなっており、「自信をもって提供。アイスのおいしさ、楽しさを発信していく」(櫻井社長)。

冨士森永乳業・櫻井一美社長

冨士森永乳業・櫻井一美社長

「PaRmoFuji(パルモフジ)」店舗概要

◆住所=三島市大社町18-1
◆アクセス=JR東海 三島駅からタクシー5分、徒歩15分
◆営業時間=月~金曜(火曜定休)11時~18時、土日祝10時~18時

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2019/12/2019-1220-1447-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp