すたみな太郎で「肉の祭典」、食べ放題に「厚切りステーキ」「黒毛牛BIGカルビ」登場


すたみな太郎「肉の祭典」

すたみな太郎「今年の冬は肉の祭典」

バイキングレストラン「すたみな太郎」は、「今年の冬は肉の祭典」をキャッチコピーとして、期間限定の食べ放題メニューを展開する。12月20日から31日までは「厚切りステーキ」、2020年1月4日から1月13日までは「黒毛牛BIGカルビ」を、それぞれディナー限定で提供し、なくなり次第終了。

「厚切りステーキ」は、サシが程よく入った、肉の旨みを思う存分堪能できる厚切りの赤身肉。豪州産のチャックアイロールを一枚一枚丁寧に店内でスライスすることで、鮮度の高さとコスト減を実現している。

「黒毛牛BIGカルビ」は、甘みと旨みがたっぷりの黒毛牛カルビ。通常サイズの約2倍の全長で提供する。

また、人気の定番メニュー「中落ちカルビ」や、しゃぶしゃぶ感覚で焼肉を楽しめる「焼しゃぶ(カルビ)」も引き続き提供する。

「中落ちカルビ」はディナー限定。牛1頭から2kgほどしか取れない希少部位で、噛めば噛むほど肉の旨みが広がる、すたみな太郎で1番人気のメニューだという。店内で一枚一枚丁寧に手切りして提供する。

「焼しゃぶ(カルビ)」は2月下旬頃までの期間限定で、終日提供。店内で薄くカット処理をすることで、しゃぶしゃぶ感覚で焼肉を楽しめるメニュー。カルビを使った焼しゃぶは、この冬から新登場している。すたみな太郎によると、「ご飯や野菜を包んで、大根おろしやポン酢で食べるのが通の楽しみ方」だという。

なお、「すたみな太郎」は株式会社江戸一(東京都足立区)が運営する、セルフバイキング形式のレストラン。焼肉・寿司・スイーツをメインに、最大130種類の多彩なメニューを提供しているる。店舗数はバイキングレストランとして国内最多(2019年12月1日現在137店舗)で、北海道から鹿児島県まで展開し、客数は年間1千万人以上に達するという。

「すたみな太郎」標準料金(税別)〉
◆平日ランチ(11:30~16:30、入店受付15:00まで)
・60歳以上=90分1200円、120分1350円
・大人(中学生以上)=90分1300円、120分1450円
・小学生=90分800円、120分900円
・3歳~小学生未満=300円(90分・120分共通)

◆ディナー(16:30~23:30、入店受付22:00まで)
・60歳以上=90分1700円、120分1900円
・大人=90分2100円、120分2400円
・小学生=90分1200円、120分1400円
・3歳~小学生未満=400円(90分・120分共通)

◆土日祝ランチ(11:30~16:30、入店受付15:00まで)
・60歳以上=90分1500円、120分1700円
・大人=90分1800円、120分2050円
・小学生=90分900円、120分1000円
・3歳~小学生未満=300円(90分・120分共通)

※3歳未満は無料。料金・営業時間は店舗によって異なる場合がある。また、アルコール・ドリンクバーは別料金。

「すたみな太郎」標準料金(税別)

「すたみな太郎」標準料金

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/12/2019-1220-1107-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp