日清製粉グループ本社、日清ペットフードの事業をペットライン(株)に譲渡


サンプル

(株)日清製粉グループ本社(見目信樹社長)は12月17日、同社の連結子会社である日清ペットフード(株)の事業をペットライン(株)(朝見恭裕社長、本社・岐阜県多治見市)に譲渡すると発表した。事業譲渡先のペットライン(株)は三菱商事グループの日本農産工業(株)の100%子会社で、1967年7月19日設立、資本金4億8,000万円。譲渡手続きとしては、製品の販売は、新たに日清ペットフード(株)100%出資の子会社を設立し、販売事業等を吸収分割により新会社が継承した上で、当該新会社の普通株式全てをペットライン(株)に譲渡する。製品の製造は、円滑な製品供給を図るため、当面の間、日清ペットフード(株)が継続し、その後、ペットライン(株)が引き継ぐ。

日清ペットフード(株)は1970年10月1日設立で(株)日清製粉グループ本社の100%子会社。資本金13億1,500万円。売上高は2019年3月期で135億2,000万円。

日清製粉グループ本社では、「日清ペットフードは設立以来、取引先様、お客様のご支援、ご愛顧を賜り事業拡大を続け、これまでにグルメタイプの『懐石』『プッチーヌ』、プレミアムブランドの機能食『和の究み JPスタイル』、療法食市場に対応した『JPダイエティクス』等の高付加価値製品を展開してきた。今般、業界のパイオニア企業であるペットライン(株)に事業を譲渡することで、これまでの歴史と長年の努力により培ってきたブランド、ノウハウ等価値が継承され、更なるペットフード業界の発展、拡大に資するものと判断した」としている。譲渡実行日は2020年3月31日。

〈米麦日報 2019年12月18日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/12/2019-1219-1525-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp