おとうふ工房いしかわ直営「KODOMOG」1号店が“ノックス横浜弥生台”にオープン、スタバ・ツタヤと併設、コンセプトは「子どもがもぐもぐ食べる」


おとうふ工房いしかわ直営「KODOMOG」(こどもぐ)1号店

おとうふ工房いしかわ直営「KODOMOG」(こどもぐ)1号店

子どもが安心して「もぐもぐ」食べられる商品を販売、豆腐教室など食育活動も予定

おとうふ工房いしかわ(愛知県高浜市)はこのほど、消費者との交流を一層深めることを目的としたショップ「KODOMOG」(こどもぐ)1号店を、相模鉄道いずみ野線「弥生台駅」徒歩約2分に開業した賃貸マンション「ノックス横浜弥生台」1階にオープンした。

ここでは、おとうふ工房いしかわの製品に加え、愛知県産野菜や愛知県メーカーの加工食品の販売も行っている。今後は、子どもを対象にした「豆腐教室」の実施も検討しており、食育の場所としても活用していく。

アートの経験を生かして自ら掲示物を作成する五十嵐グループマネージャー

アートの経験を生かして自ら掲示物を作成する五十嵐グループマネージャー

さらに、同店周辺地域の家族構成比は、共働き世帯、祖父母と同居している世帯が多く、保育園も集まっている。そのため、11月末の開店以来、子どもから高齢者、仕事帰りのサラリーマンまで幅広い層が来店し、予想以上の賑わいを見せているという。「相鉄線は都心への乗り入れが始まり、今後さらに共働き世帯、人々が誘致されることが予想されている」と期待を寄せる。
 
売れ筋は同社主力の「至高のもめん」「究極のきぬ」「山芋寄せとうふ」。そのほか、「とろける湯豆腐なべ」「純豆腐鍋」(各2人前980円)など、愛知県産野菜と豆腐が入ったミールキットも一押しだ。同社の高浜工場で製造する「おからパン」も人気だとする。国産大豆・小麦粉で作り、ふっくらもちもちとした食感が特徴。
 
調味料が添付された「豆腐ステーキ」「旨とろ豆腐で食べる純豆腐鍋」など、手軽に豆腐の新しい食べ方を提案する商品もラインアップした。
 
売場作りにもこだわっている。「メニューの作り方の掲示、温かみを出すためにあえて段ボールを使って商品特徴を紹介している。自由に商品をアピールできるのも強み」だと話す。また、同店は「スターバックスコーヒー」と「TSUTAYA ブック&カフェ」に併設されており、1カ所で買い物や、本を読んだり、休憩できることの相乗効果も出ているという。
 

ノックス横浜弥生台1階「KODOMOG」店舗概要

▽住所=神奈川県横浜市泉区弥生台16-3 ノックス横浜弥生台1階
▽営業時間=午前10時~午後8時
▽定休日=年末年始除く年中無休
▽取り扱い商品=豆腐、スイーツ、ドーナツ、アレルゲン除去の菓子、きらず揚げなど

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/12/2019-1216-1340-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp