令和元年産水稲の最大被害は「日照不足」、未熟粒割合は24.2%/農水省調べ


令和元年産水稲における玄米品位(重量割合)

農林水産省は先に公表した確定作況のなかで、令和元年産水稲の被害状況と玄米品位を明らかにしている。

それによると、元年産で最も被害が大きかったのは「日照不足」によるもので、被害量は118.5万ha、23.76万tに及ぶ。これに伴い玄米品位は、重量割合ベースで整粒68.4%に対し、未熟粒24.2% 、被害粒7.4%となった。

令和元年産水稲の被害面積・被害量(全国)

〈米麦日報 2019年12月12日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/12/2019-1213-1735-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp