使用食材と摂れる栄養が一目で分かる、「バランス献立」(やわらか食)シリーズ/アサヒグループ食品


「バランス献立」(やわらか食)シリーズ

第49回食品産業技術功労賞 商品・技術部門受賞

在宅高齢者は低栄養の方が多く、食べる食材が限られている。「バランスよく様々な食材をとりたい」という高齢者のニーズに対応するため、使用食材と摂れる栄養が一目で分かるようパッケージを工夫。主食・主菜・副菜をそろえて献立が組み立てやすい商品シリーズである。

商品は素材のうまみや出汁にこだわり、塩分に配慮しながらもしっかりと味付けを行っている。中には、にんべんの本格だしを使用したメニューもあり、鯛雑炊については、なだ万の総料理長も評価する味を創出している。また、在宅で軟らかくしにくい、ごぼうやほうれん草などの葉物野菜を食材に採用。食べやすさに配慮し安全性を向上させるため、ユニバーサルデザインフード基準に適合した商品を作っている。

販売実績は、17年度、18年度続けて前期比約30%で増加。介護食品協議会調べで高齢者食市場は年間約10%台で伸長する中、絶好調のシリーズである。

今年も高齢者食市場の更なる発展を見据え、1万人以上へサンプリングを実施。積極的に市場拡大に挑む。

〈食品産業新聞 2019年12月2日付より〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/feeding/2019/12/2019-1212-1427-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp