JA全農・全集連の大豆集荷計画、令和元年産は11%増の14.7万t見込み、宮城・佐賀の数値は把握困難で含まず、北海道は前年産の反動で増加


JA全農・全集連の大豆販売計画

JA全農と全集連(全国主食集荷協同組合連合会)はこのほど、令和元年産大豆の集荷・販売計画をまとめ、農水省に報告した。それによれば、JA全農と全集連分を合わせて、前年産比11%増の14万7,606tを見込んでおり、7月時点の集荷予定数量比では、9.7%減、約1万5,800tの下方修正となっている。ただしこれは、台風などによる天候被害が大きかった宮城、佐賀の10月末時点での集荷見込数量の把握が困難であったため、同2県を除いた数値となっている。同2県の数値は、一定の数量見通しが立った段階で作成に着手するとしている。

北海道が全般的に良好な生育だったこと、西日本は、東海・近畿地方において前年産が台風被害で減少した反動増などで、前年産比で11%増となっている。

JA全農は、令和元年産大豆の生育概況と、集荷計画数量の7月時点からの下方修正について、東日本地区において、降雨による播種遅れや台風19号の影響などにより、東北や関東の一部地域で生育不良や小粒化傾向・品位低下が懸念されていると説明。西日本地区は、東海地区で降雨による播種遅れ、9月の少雨の影響で生育不良が見られ、前年産実績は上回るものの、生産計画は下回るとする。

九州地区においても、降雨による播種遅れ、北部では台風17号などの影響により生育不良が見られ、前年産実績・生産計画を下回る見通しにある。ただし、北海道は前年実績を上回るとしている。

全集連は、北海道は前年産比で減少を見込んでおり、県産は台風や局地的豪雨の影響で、前年産比で増加も、生産計画を下回る見通しだとしている。

販売計画は下表のとおりで、播種前入札取引は6,440tの実績、収穫後入札取引分は3万3,010tで、集荷計画数量の22%を占めている。残りの10万8,156tを相対・契約栽培取引で販売する計画となっている。

〈大豆油糧日報 2019年12月3日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/12/2019-1209-1545-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp