「第1回 多収米EXPO」、最優秀賞は能登米道楽・匠の会の「さいかい」


「第1回 多収米EXPO 農業フォーラムin しぶかわ」

「第1回 多収米EXPO 農業フォーラム in しぶかわ」

多収米栽培の魅力を全国に発信

(一社)広域農業支援センター・北群渋川農協・渋川市からなる「しぶかわ農業フォーラム実行委員会」は12月4日、群馬県渋川市で「第1回 多収米EXPO 農業フォーラム in しぶかわ」を開催した。協賛は木徳神糧(株)・静岡製機(株)・(株)アイホー炊飯総合研究所・(株)クボタ。

全国の生産者が栽培した多収米を表彰するイベントで、最優秀賞には能登米道楽・匠の会(石川県)の石井昌嘉氏が栽培した「さいかい」(西海304号)が輝いた。

反収8俵以上という条件の下、1次審査では静岡製機(株)の機器を用いて測定した食味値・整粒値を加味し、2次審査では(株)アイホー炊飯総合研究所が出品米を業務用炊飯米として評価した。そして当日の食味官能試験を経て、決勝に残った5出品米から最優秀賞を決めた。

「第1回 多収米EXPO」結果

主催者の一人である北群渋川農協の今井勉組合長は、「需要ある良食味多収米栽培の取組に賛同している各生産者が集い、栽培体系・成功事例を情報交換することで、多収米栽培の魅力を全国に発信していきたい」と挨拶。
 
また、木徳神糧(株)の三澤正博専務は「我々が販売している米の状況は、家庭で炊飯する米が激減している。足元の状況を見ると、従来のコシヒカリ・あきたこまち・ひとめぼれなどが苦戦しており、また、各産地が投入している高価格帯の新品種も同様だ。一方、業務用の実需者が使っている米はまだ踏ん張っているが、ここ5年の米価上昇もあり、弁当などの米の使用量は自然減ではない減少が続いている」とした上で、「当社はそうした減少に歯止めをかけるために、近年は生産者・実需者との三者で多収米作りを推進している。もう全国で4,000t程度まで拡大しており、令和2年産では1万tを目指している。作って頂かなければ実需にも届かないので、皆様のお力添えをお願いすると同時に、生産者と実需者、さらには消費者全てから喜ばれる取組・事業にしていきたい」と、生産者の積極的な参加を呼びかけた。
 
〈米麦日報 2019年12月6日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/12/2019-1206-1913-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp