ミヨシ油脂がコンパウンドオイル「SAVEUR(サブール)」発表会、バターの甘味とコクを濃縮、常温・液体で使いやすさも


コンパウンドオイル「SAVEUR」(ミヨシ油脂)

鮮度保つボトル採用

ミヨシ油脂は12月3日、バターの上品な風味が香るオイル「SAVEUR(サブール)」の商品発表会を、本社で開催した。ベーカリー「サ・マーシュ」(神戸)の西川功晃オーナーシェフが、デモンストレーションを通じて、「サブール」(10月発売)の特長や用途の広さを伝えた。「サブール」は、常温・液体で、使いやすさも兼ね備えている。乳等を主要原料とする食品。4.8kg段ボール入り(400g×12)。

製パン・製菓市場への拡販に注力するほか、レストランやカフェ、外食市場にもアピールしていく。

始めに、同社の松室貞夫取締役執行役員があいさつし、「『サブール』は、液状のバターオイルで、西川シェフからも、面白い商品だと評価を頂き、さまざまなレシピ・使い方を考えて頂いた」と述べた。

ミヨシ油脂 松室貞夫取締役執行役員

ミヨシ油脂 松室貞夫取締役執行役員

続いて、同社食品本部営業企画部の高橋芳枝係長が、「サブール」の開発背景・商品説明を行い、「『サブール』とは、フランス語で風味、味という意味をもつ。バターの風味・味をみなさんに届けたいという思いを込めた」と紹介した。乳脂肪を10度で固形状と液状に分別し、液状の部分のみを用いて、なたね油をブレンドしているとする。さらに開発経緯について、「もともと同様の設計で、『CPオイルLM』を展開しており、幅広い用途で利用されているが、16kgローヤル缶であることから、小型化を要望する声を頂いた。『サブール(400g)』の開発に当たっては、西川シェフから、商品名やボトルデザインなどの面でも助言をもらった」とした。
 
特長は、
△バター本来の甘味とコクを濃縮していること、
△常温で液状である使いやすさ、
△酸化を防ぎ、鮮度を保つソフトボトル入りであること
――だという。「フルーツや乳製品、ジャスミンなど自然のものに広く存在する香気成分・ラクトンを、バターの3倍以上含んでいるため、少量でもバターの風味を感じる」とする。
 
さらに、常温で液状であり、チルド帯でも結晶性が低いため、バターのように溶かす手間がなく、冷蔵庫から出してすぐに使える。バターオイルを67.5%含有するデリケートな品質であり、2重剥離構造により鮮度保持力を高めたソフトボトルを採用した。
 
〈幅広い用途に適する、現場の作業性向上にも寄与/西川シェフ

西川シェフは、「これまで、澄ましバターを作って、生地の焼き上がりに塗っていたが、人手不足が問題になる中で、とても手間がかかっていた。また、冷蔵保存すると固まり、すぐ使うことができない。常温で保管すれば酸化してしまう。そのような中で、『サブール』のもととなる製品に出会った」と話し、「サブール」の利便性の高さを語った。

ベーカリー「サ・マーシュ」西川功晃オーナーシェフ

ベーカリー「サ・マーシュ」西川功晃オーナーシェフ

味わいの面でも評価を寄せており、「最近出回っているバターフレーバーオイルは、強烈なバター感を感じるが、毎日食べるのにはどうか。一方、『サブール』はバターの香り、味をピュアに感じ、組み合わせにも適している」と話した。
 
その後、「たまごとお野菜のタルティーヌ」「ガレット・バターコーン」「ルーレ・ブリエ」「ブリエ・フロマージュ」などのデモンストレーションを行い、「サブール」は塗ったり、かけたり、混ぜたり、注ぐといった、幅広い用途に適していることを伝えた。西川シェフは、「ライブ感のあるお店では、お客さんの前で『サブール』をかけて見せると喜ばれるのではないか」と述べた。
 
〈大豆油糧日報 2019年12月6日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/12/2019-1206-1257-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp