松屋、販売終了の「オリジナルカレー」に代わり「創業ビーフカレー」を定番化


松屋「創業ビーフカレー」

松屋「創業ビーフカレー」

牛丼チェーン「松屋」は12月3日午前10時から、これまで期間限定メニューとして展開してきた人気メニュー「創業ビーフカレー」を、定番メニューとして復活発売する。

牛バラ肉をたっぷりと使用し、“とろっとろ”になるまで煮込んだ「創業ビーフカレー」は、“食べ終わるまで牛肉の旨味が味わえる”創業当時の味を再現して作られた、“松屋の本気カレー”だという。牛めしと創業ビーフカレーが1度に楽しめる「創業ビーフカレギュウ」、鉄板でふっくらと焼き上げられたハンバーグと創業ビーフカレーを合わせた「創業ハンバーグビーフカレー」も同時に定番化する。

なお、現在定番メニューとして販売している「オリジナルカレー」(並盛390円税込)関連メニューは順次終売する。終売は11月27日に松屋のTwitter公式アカウントで最初にアナウンスされ、TwitterをはじめとするSNSなどでは、多くのファンから別れを惜しむ声が続々とあがっていた。

松屋「創業ビーフカレー」関連メニュー価格(税込)〉
◆創業ビーフカレー
並490円、大盛590円

◆創業ビーフカレー生野菜セット
並590円、大盛690円

◆創業ビーフカレギュウ(熟成チルド牛肉使用)
並720円、大盛820円

◆創業ハンバーグビーフカレー
並720円、大盛820円

◆創業味玉ビーフカレー
並570円、大盛670円

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/11/2019-1129-1850-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp