11月15日は“冬アイスの日”、アイス8000個を無料配布、未発売の新商品も/日本アイスマニア協会


11月15日は“冬アイスの日”

11月15日は“冬アイスの日”

京橋駅直結「京橋エドグラン」で実施

一般社団法人日本アイスマニア協会は11月15日“冬アイスの日”に、京橋エドグラン(東京都中央区、東京メトロ銀座線 京橋駅直結)でアイスクリーム約8000個の無料配布を実施する。

「ハーゲンダッツ スペシャリテ ノワゼットショコラ」、「雪見だいふく もちもちミルクティー」、「明治エッセルスーパーカップ レアチーズケーキ」、「ピノ 和栗」、「アイスの実〈大人のショコラ〉」などの新商品、「レディーボーデン ミニカップ バニラ」など“未発売の新商品”を含むアイス合計約8000個を、12時、15時、17時の3回に分けて配布する。なお、もらうアイスを指定することはできない。

日本アイスマニア協会によると、“冬アイス”とは、“冬に食べることを前提に作られたアイスクリーム”や、“冬季に合わせて販売する限定商品やフレーバー”に加えて、寒い冬の時期にアイスを楽しむ行為そのもの指すという。

同協会の「冬アイスの日」イベントは2017年から開催しており、「冬アイス市場の活性化」という趣旨の下、アイスクリームメーカーやコンビニエンスストアから“この冬イチオシの商品”の提供を受け、配布している。今年のイベントでは“冬アイス”が定着するまでの歴史を会場に掲示するほか、日本アイスマニア協会代表理事でアイス評論家の「アイスマン福留」氏が、“冬アイス”について解説する。

11月15日“冬アイスの日”は、「寒い時期でもアイスクリームを楽しむ人をもっと増やしていきたい!」という想いと願いを込めて同協会が制定したもの。日付は、11月に立冬があることに加え、冬アイスを象徴する“アイスクリーム”を名乗るのに必要な成分規格が“乳固形分15.0%以上”であることから。日本アイスマニア協会は、「近年の“冬アイス”の盛り上がりを一過性のブームとして終わらせることなく、日本独自の文化に育てていきたい」としている。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2019/11/2019-1113-1504-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp