冷凍果実輸入量 令和元年9月は2.4%減、加糖・無加糖ストロベリーが減少


令和元年9月の冷凍果実輸入量

令和元年9月の冷凍果実輸入量

無加糖ベリー伸長も単価上昇、ラズベリーはセルビア産が伸長

財務省がこのほど発表した2019年9月の冷凍果実輸入高は数量ベースで5,829tとなり、前年比2.4%減と2カ月連続の前年比マイナスとなった。前月は前年大幅増加の反動減と見られたが、当月は前年の2桁減を下回る結果となった。加糖・無加糖ストロベリーの大幅減が響いている。金額ベースでは7.0%減17億7,297万円とマイナスに転じた。1kg当たり単価は平均304.2円で前年より4.7%安となった。中国産は合計2,308tで前年比3.2%減と、9カ月ぶりに前年を下回った。中国産の平均単価は229.2円で前年比6.3%下落した。

最大品目である無加糖ストロベリーは前年比14.7%減と前年8.4%減からさらに減少した。3カ月連続の前年比マイナスとなる。中国が10.9%減と2カ月連続マイナス、増加基調にあった、エジプトが54.2%減と大幅に減少した。一方でチリは81.1%増と大幅に増加。モロッコは前年4割以上の増加の反動もあり当月は13.8%減とマイナスに転じた。平均単価は243.4円で前年比0.4%安だった。

加糖ストロベリーは24.4%減と2カ月連続マイナス。そのうち中国は11.3%減と3カ月ぶりに前年を下回った。米国も前月に引き続き80.3%減と大幅に落ち込んだ。平均単価は228.6円で前年比22.8%安。

無加糖ベリーは6.7%増と再びプラスに転じた。トップシェアのカナダが3.2%増と2カ月ぶりのプラス。2位の米国は27.1%減と再びマイナスに転じた。チリは68.6%増と大幅増に転じた。平均単価は363.4円で前年比5.1%高。他の品目が前年を下回る中、2カ月連続上昇基調となった。

無加糖パパイヤ・マンゴーは3.8%増で3カ月連続のプラス。前年2桁減の反動もある。トップシェアのペルーが42.9%増と5カ月連続で前年を上回った。これは前年(42.8%減)の反動影響がある。ベトナムは50.5%増と伸長。3カ月連続のプラスとなった。前月8カ月ぶりに前年を上回った、タイは58.6%減と再び大幅なマイナスに転じた。

無加糖ラズベリーは12.3%増と3カ月連続のプラス。トップシェアのチリは33.1%減と2カ月連続マイナス。一方セルビアは3.4倍増と伸長、3カ月連続のプラスとなった。平均単価は433.1円で前年比10.6%下落した。

無加糖パイナップルは32.3%減と6カ月連続マイナス。前年2.2倍増の反動影響が大きい。引き続きベトナム産は伸びている。

〈冷食日報 2019年11月11日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/frozen/2019/11/2019-1112-1458-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp