「第62回全国味噌鑑評会」出品380点を審査、色鮮やかなみそ多く激戦/全国味噌工業協同組合連合会


第62回全国味噌鑑評会 審査の様子

第62回全国味噌鑑評会 審査の様子

全国味噌工業協同組合連合会(全味)は10月23・24日、「日本一のみそ」を決める、第62回全国味噌鑑評会の審査会(審査長:柏木豊・東京農大教授)を全中・全味ビルで行った。

今回の出品数は前回に比べ26点減となる380点となった。農水大臣賞などの審査結果は、後日発表され、表彰式は11月14日に鉄鋼会館(東京・日本橋)で行われる。

柏木審査長

第62回全国味噌鑑評会 柏木審査長

柏木審査長による鑑評会の記者説明会では、「出品されているみその品質は高いものが多い。夏の酷暑や台風などの影響が心配されたが、非常に高いレベルのみそが選りすぐられて出品されている印象だ。中でも、淡色系のみそは色がきれいなものが多かった。赤色系のみそも赤みが鮮やかで品質としても高かった。麦みそも赤色系が良く、香りも評価が高いものが多かった。その他の区分では、豆麹と米麹を混合して作られたみそが出品されており、色や味において高い評価のものが出品されていた。こうした新しい組み合わせはみその新しい分野が開けるのではないかと期待している」と評価した。
 
また、全体的な品質が高くなっていることについては、「新たな設備投資などにより、緻密な温度管理が可能となっていることから、品質のレベルが高く、甲乙つけがたい激戦になっているのではないか」と分析した。
 
〈大豆油糧日報 2019年10月28日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/10/2019-1029-1559-16.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp