台風19号対応、サッポロビールは4工場で10月12日の製造を中止


サンプル

静岡・千葉・栃木・宮城の4工場

サッポロビールは、10月12日に上陸する恐れの台風19号への対応を公表した。

製造工場では、静岡工場(静岡県焼津市)、千葉工場(千葉県船橋市)、那須工場(栃木県那須郡)、仙台工場(宮城県名取市)の4工場で12日全日製造を止め、社員を基本自宅待機または有給休暇促進とした。千葉工場では、12日の製造予定を14日に振り替える。

見学施設では、千葉工場見学施設マリンハウスを12・13日に臨時休館とする。ヱビスビール記念館は、12日休館、13日は通常午前11時開館を午後1時開館に変更する。

サッポロビール及びサッポロビールグループ社員については、11日は交通機関の停止が想定される場合は、フレックス制度を活用して早めの帰宅を促進、15日は交通機関の停止や乱れがある場合は一時自宅待機を可とした。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/10/2019-1011-1201-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp