第45回「日本名門酒会全国大会」開催、“祝うを創る”テーマに


第45回「日本名門酒会全国大会」

第45回「日本名門酒会全国大会」

日本名門酒会は9月11日、東京新宿区の京王プラザホテルで第45回「日本名門酒会全国大会」を開催した。展示会では、メーカーブースで87社が出展、そのほか食品18社などがブースを出展した。今年のテーマは、「祝うを創る~令い(よい)酒で、人の和を~」。

本部ブースでは、
〈1〉秋からますます旨くなる「ひやおろし」~パイオニアといてしっかり伝えます!
〈2〉「令和の時代」に売場の立ち上げが必須となる日本の食品
〈3〉ゆったりじんわり「お燗酒」&「プロが選んだ“鍋”に合う酒」
〈4〉「“祝う”を創る」のクライマックスは「安寧祈念酒」で感謝と幸福を願って乾杯!
〈5〉次なる時代の日本酒の扉を開く「精米歩合の新たな考え方による純米酒」
〈6〉SAKEYOU MUST TRY!「日本酒にトライ!」~インバウンド対策~
――などの様々なテーマ企画で展示を行った。

飯田永介本部長は、開会式で今年のテーマ“祝うを創る”に関連して、「令和の時代が幕を開けた。元号が改まるというのは、日本独自の文化であること、“日本酒で乾杯!”、“日本酒で喜びを分かち合いましょう”をキャッチフレーズとして売場づくりを提案した。新元号記念ラベルなどの記念企画商品が多数登場し、令和を祝う喜びにあふれた提案ができたことで、しっかりと需要を創ることができた」と改元当時の状況を振り返った。

さらに、「改元の祝いを一層めでたく彩れるのが日本酒だ。人と人をつないで、喜びの輪を広げる、“祝うを創る”はさらに続く。10月には“即位礼正殿の儀”、11月には“大嘗祭”が行われる。一世一度の儀式を記念する“安寧祈念酒”を造る。“祝うを創る”のクライマックスが安寧祈念酒だ」と紹介した。安寧祈念酒は、令和最初の新米で仕込む「米鶴」「開華」「若戎」「五橋」で、それぞれ11月に発売を予定している。

〈酒類飲料日報 2019年9月12日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/09/2019-0912-1230-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp