マクドナルド、増税後の“税込同一価格”を嵐・大野智さん出演CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」篇で周知


大野智さん出演CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」篇(日本マクドナルド)

大野智さん出演CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」篇(日本マクドナルド)

日本マクドナルドは9月11日、大野智さんが出演するマクドナルドブランドの新TV-CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」篇(30秒)を、全国で放映開始する。

マクドナルドでは、今年10月1日から予定されている消費税率10%への引き上げ及び軽減税率制度の実施に当たり、税抜価格の調整によって「店内飲食」と「持ち帰り(ドライブスルー含む)」の支払額を統一する“税込同一価格”を採用する。これに伴い、一部品目では税込10円の値上げを行うが、全品目の約7割で現在の税込価格を据え置く方針だ(都心の一部、空港など約40店舗、マックカフェ バイ バリスタ約100店舗、宅配サービスは別途価格調整を行う)。

大野智さんが出演する新TV-CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」篇では、このマクドナルドの方針を伝えると同時に、大野さんがマクドナルドで過ごす何気ないひと時の様子を背景に、10月以降も「変わらぬバリューをお届けする」というマクドナルドの想いを描いたという。

新CMは、大野さんが休日のマクドナルド店内の一角で「頼むぜ、マック」とつぶやき、口いっぱいにビッグマックを頬張る内容。撮影終了後、大野さんは「ビッグマック、あらためて見るとデカいなと思いました。非常においしかったです」と話し、さらに、大野さんがリーダーを務める嵐が、2001年にマクドナルドのTV-CMに出演した際に期間限定で発売されていたメニュー「サーモンマック ムニエル風」について、「最初に食べた時の印象が強かった! めちゃめちゃはまっちゃって、よく買いに行っていました。また食べたいです!」などと復活を熱望したという。

なお、日本マクドナルドは、9月18日から展開する“バリューキャンペーン”にも、大野智さんをアンバサダーとして起用する。9月18日からは、現在販売中の夜マック「ポテナゲ」、9月25日からは平日昼限定の「バリューランチ」でキャンペーンを展開予定。さらに、「10月以降もマクドナルドと大野さんのユーモラスでほっこりする姿を描いていきますので、ぜひご期待ください」(日本マクドナルド)。

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2019/09/2019-0910-1720-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp