内山理名さん考案レシピ公開も “液体塩こうじ”の料理教室「ハナマルキッチン」、タイで初開催へ


女優・内山理名さん、ハナマルキ・平田伸行取締役

女優・内山理名さん、ハナマルキ・平田伸行取締役

ハナマルキは9月5日、東京丸の内のABCクッキングスタジオで、女優の内山理名さんを迎え、「液体塩こうじ」を使ったクッキングレッスンを10月から開講することに加え、初の海外レッスンをタイで実施することを明らかにした。ハナマルキッチンは17年からスタートし、今年で3年目となる。今回は「レンジで温めるだけ」「混ぜるだけ」など1人暮らしに合った簡単な時短レシピを用意した。10月に鹿児島からスタートし、来年の3月まで全17会場で開催する予定だ。

内山さんには昨年同様、ハナマルキッチンサポーターとして、同社ホームページ内で、内山さんが考案した液体塩こうじを使ったオリジナルレシピを紹介する予定。

冒頭あいさつした平田伸行取締役マーケティング部長は「液体塩こうじはまだ認知が十分に進んでいない。これからまだまだ伸びる調味料だと期待している。海外で展開する調味料としては非常に面白い調味料だと思っているので、ハナマルキッチンで液体塩こうじを体験していただいて、日本古来の塩こうじを国内外に知らせていきたい」と力強く述べた。

続いて、内山さんは、「普段の食事でも、液体塩こうじ1本あるだけで、料理上手になった気分にさせてくれる。また、これまで使っていたたくさんの調味料を減らすことができる。肉や野菜など何でも使え、時短調理にも最適なので、ぜひご家庭で使っていただきたい」と興奮気味に液体塩こうじに対する思いを語った。

なお、「液体塩こうじ」は米こうじと塩を丁寧に熟成させた塩こうじを搾った液体タイプ。塩こうじの生きた酵素の力と上品なこうじのうま味がそのまま残っている。粒のない液体塩こうじのだから計量しやすく、いろいろな料理に使え、みりんやしょうゆなどの代替調味料としても使える。

内山理名さん考案のレシピはカオマンガイとラープムーのタイ料理2品

ハナマルキッチンで実施されるレッスンメニューは、「たたいて時短!チキンカツ」、「液体塩こうじで作るスープ」、「混ぜるだけで完成!時短サラダ」、「レンチンで簡単ホワイトソース!茸とじゃがいものグラタン」となっている。

内山さん考案の特別メニューはタイでの初開催を記念して、「液体塩こうじの冷めてもおいしいカオマンガイ」と「液体塩こうじの柔らかラープムー」のタイ料理2品となっている。

〈大豆油糧日報2019年9月10日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/09/2019-0910-1105-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp