全集連、米の等級間格差 1-2等間60kg「▲600円」を堅持


米麦日報 2019年9月3日付

米麦日報 2019年9月3日付

全集連(全国主食集荷協同組合連合会、梅本典夫会長)はこのほど、1-2等間の等級間格差60kg「▲600円」を堅持するとの方針を決めた。去る8月21日の理事会で機関決定したもの。ただし実際の等級間格差の設定は、各道県組合の判断に任せる。本紙「米麦日報」の取材に対し、梅本会長は「▲300円に圧縮すれば、生産者が収量重視となり、これまで行ってきた1等米を出荷する意識を削ぎかねない」と話している。

〈米麦日報 2019年9月3日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/09/2019-0903-1303-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp