日本産酒類の韓国向け輸出、数量は前年比14.4%増も金額は8.9%減/令和元年7月 財務省貿易統計


日本産酒類の韓国向け輸出数量・輸出金額

日本産酒類の韓国向け輸出数量・輸出金額

財務省貿易統計によると、令和元年7月の日本産酒類の韓国向けの輸出数量は8,676klとなり、前年比14.4%増となった。数量は増加となっているが、金額は8億2,410万円で8.9%減。ビールの単価の下落が主な要因。1~7月の累計では数量8.3%増、金額5.8%減。

前月比では数量5.6%減、金額7.9%減といずれも減少している。

品目別に見ていくと、最も多いビールは7,931klで前年比18.6%増、前月比6.7%減。金額は6億3,943万円で前年比7.1%減、前月比では8.1%減となっている。累計では数量9.7%増、金額9.7%減。

次いで数量の多いその他の醸造酒は330klで36.4%増、前月比も5.7%増となりいずれも増加。金額についても同様。累計も数量が20.3%、金額が7.7%増。

清酒は261klで前年比17.6%減。前月比が0.9%増とほぼ横ばい。ただし金額では前年比19.6%減、前月比18.8%減といずれも20%近い減少となっている。累計でもマイナスで数量8.4%減、金額0.4%減となっている。

〈酒類飲料日報 2019年8月30日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/08/2019-0830-1041-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp