“増税前に購入・まとめ買いするもの”ランキング5位に「お酒・ビール」/チラシサイト「トクバイ」意識調査


「軽減税率制度」の認知状況

ロコガイド(東京渋谷区)は8月22日、チラシ・買い物情報のWebサービス・アプリ「トクバイ」を利用する全国の20~70代の生活者833人を対象に増税前の買い物意識調査を行った。増税前のまとめ買いランキングでは、5位にお酒・ビールが挙がっている。

それによると、軽減税率制度について「内容まで理解している」と答えた人は約4割、「名前は知っている程度」・「知らない」という回答が過半数という結果だった。軽減税率制度を肯定的に捉えている人は16.3%、否定的な人は30.5%、わからないと答えた人は53.2%。コメントをみると「贅沢品が増税される分には仕方がない」「家計の大部分を占める食費に適用されるのはありがたい」と理解を示す人もいる一方、「内容がわかりにくい、複雑」「把握できてない」「理解できるまで時間がかかりそう」と不安の声を挙げる人が多かった。増税を意識して事前に何かを購入・まとめ買いを予定している人は42.0%と、調査した生活者の2.4人に1人が、事前購入・まとめ買いを予定しているという結果に。

増税前に購入・まとめ買いをしておくものランキングは、
1位=洗濯用洗剤
2位=トイレタリー・バス用品
3位=白物家電
4位=化粧品
5位=お酒・ビール
――だった。

まとめ買いをする際に商品を選ぶポイントランキングは、1位「いつも購入している我が家の定番商品」、2位「増税の影響が大きい高額な商品」、3位「軽減税率対象外の商品」、4位「自宅時で保管する事を考慮し、かさばらないパッケージの商品」、5位「我が家の定番商品ではなくても、クーポン対象やセール対象商品」。

増税後の買い物の仕方を変えようと思っている人は36.7%で、具体的な行動変化としては、キャッシュレスへの移行や、ポイント付与率の高い店舗の選択、ネットでの購入に切り替え、チラシをみて価格比較する、といった声が目立った。

〈酒類日報 2019年8月28日付〉

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/08/2019-0829-1510-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp