日清オイリオグループ 「調理キット」で揚げ物総菜の売上アップ提案/2019年秋のプレゼンテーション〈2〉


日清オイリオグループ「2019年秋のプレゼンテーション」

日清オイリオグループがこのほど開催した「2019年秋のプレゼンテーション」では、揚げ物総菜と「調理キット」のセット提案や、サッカーの長友佑都選手とモデルの長谷川潤さんを起用して販促に取り組んでいるMCT(中鎖脂肪酸)の紹介、オリーブ油のギフトセットの展示などを行った。

〈関連記事〉日清オイリオG、拡大するオリーブ油・アマニ油の商品政策を提案/2019年秋のプレゼンテーション〈1〉

「デリカ」関連では、「『調理キット』で揚げ物惣菜に新たな価値を」と題し、調理キットと揚げ物総菜を利用することで、自宅で簡単にメインのおかずが一品作れることを提案した。業務用に向けては、トンカツを10日で1,000枚売るといった販促策はやり尽くしたとしており、「ミールキット」とセット販売というこれまでにない切り口で、揚げ物総菜の売上アップを図るというもの。「イカ天と野菜のバジルオイルソース炒め」、「とり天の中華あんかけ」、「野菜たっぷりカツとじ煮」の完成品も展示した。

また、この秋に新発売するピロータイプの「日清吸油が少ない長持ち油」を展示。油の長持ち効果があるため交換頻度が減る上に、斗缶と比べて軽いため、総菜売場のパート社員の作業負担の軽減につながることを訴求する。

「調理キット」売場づくりの成功のカギとして、3つの取り組みを推奨する。まず、調理キット売場では揚げ物とのセット販売であることをPRし、揚げ物売場では調理キットの存在を告知するというように、売場同士を関連付けるPOPを用意することが重要とした。また、キット利用に対する抵抗感を軽減するため、「珍しい料理だと家族に喜ばれた」など、お客の声や社員の声を掲示することも推奨。さらに、共働き家庭の主婦をターゲットに、仕事帰りの購買を狙い、駅チカ店舗での導入を提案していた。

このほか、「ごま油をひとかけ」することで、総菜をさらに本格派にできるとし、牛肉の黒胡椒炒めの試食を実施し、「スチコンdeワンプレートエスニックメニュー」コーナーでは、シンガポール風チキンライスを提案した。

エンドにMCTオイルを加えた「キレイレシピ」で購入金額と買い上げ点数アップ提案

「ウェルネス」関連では、長友佑都選手や長谷川潤さんを起用した宣伝戦略を紹介するとともに、「日清MCTオイル」「同パウダー」といったMCT商品をアピールした。これらの販路としては、たとえばドラッグストアのプロテインなどが並ぶ棚や、アスリート用の食品を品揃えしているスポーツショップなどに提案を行っているという。

また、「MCTオイルのキレイレシピで食卓をEnjoy!」コーナーでは、「洋食フェア」、「朝食フェア」、「サラダフェア」と題して、エンドに「日清MCTオイル」を1品加えることで、「キレイをめざすあなたのレシピ」となる売場を作り、購入金額と買い上げ点数のアップを図ることを提案した。

日清オイリオグループ「2019年秋のプレゼンテーション」

「MCTをスポーツに取り入れEnjoy!」コーナーでは、長友選手が実践している日常の食生活に良質な脂質を摂取する食事法「ファットアダプト食事法」にもMCTが欠かせないことを、長友選手のパネルとコメントともに紹介。また、「MCT CHARGE ゼリー PRO」はアンチドーピング認証を取得しており、「同オイル」も同認証を申請中であることを紹介した。
 
「ギフト」関連では、中元歳暮以外のカジュアルギフトが、主に母の日を中心として売上が大きく拡大したことを紹介しつつ、オリーブ油のギフトセットを展示した。
 
〈大豆油糧日報 2019年8月19日付〉

日清オイリオグループ「2019年秋のプレゼンテーション」

記事提供元:https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/08/2019-0819-1148-14.html
【提携サイト】食品産業新聞社ニュースWEB
食品産業新聞社

食品産業新聞社ニュースWEBは、1951年発の生産・加工・流通・消費を結ぶ専門新聞社の株式会社食品産業新聞社が運営しています。「食品産業新聞」と5つの業界専門日報(畜産・米麦・酒類飲料・冷食・大豆油糧)のほか、月刊誌、ニュースサイトを展開しているユニークな会社です。就活生の皆さまは、食品業界の理解を深めるうえでの情報サイトとしてご参考ください。食品産業のさらなる発展と、食品業界を志望する学生の皆様の充実した就職活動をご支援します。( 食品産業新聞社ウェブサイトURL:https://www.ssnp.co.jp